RIFトークンの目的は何ですか?

RIFトークンは、トークン保有者がRIF OSプロトコル仕様と互換性のある分散インフラストラクチャサービスを利用できることを目的としています。上記サービスには、第三者によって開発されたインフラストラクチャサービス、および、RIF OSマーケットプレースに統合される可能性があるその他のアプリケーションが含まれる場合があります。当社フレームワークは、RIF Token をサービスやアプリケーションへのアクセス手段/これらの消費手段として受け入れることに同意します。

また、RIF OSマーケットプレイスでインフラストラクチャサービスを提供している場合は、消費者を保護してサービスレベル合意の違反を回避するため一定量のRIFトークンをデポジットする必要があります。


RIF OSプロトコルの仕様とアーキテクチャについての情報はどこにありますか?

RIF OSのビジョンについての理解は、次の白書をご覧ください。.

プロトコルとその相互作用の概要については、「RIF OS Architecture」をお読みください。.

各RIF OSプロトコルやその実行方法については、弊社のドキュメントのセクションをご覧ください。


RIFトークンのスマート・コントラクトのアドレスは何ですか?

2018年11月9日午後8時12分ごろ(UTC)に、RIFトークンのスマート・コントラクトがRSKネットワーク上で展開されました。コントラクトのアドレスや詳細についてはRSK Blockchain エクスプローラでご確認いただけます:
0x2acc95758f8b5f583470ba265eb685a8f45fc9d5


どのウォレットが現在RIFトークンに対応していますか?

ibitcome
MyCrypto
Metamask
Ledger
Trezor
D'Cent
MEW

 


どちらのエクスチェンジがRIFトークンに対応していますか?

RSKネットワークのオープンな性質を考えると、どんなエクスチェンジやウォレットも、許可を要求せずにRSK Live Mainnet上に存在するRIFトークンまたはその他のトークンを自由に統合できます。そのため、RIFをサポートするExchangeの詳細なリストはありませんが、RSK Live NetworkおよびRIF Tokenとの統合に関して技術的な支援が必要なものをリストしています。

 

coinbene
cachierest

 

免責事項
RIF Labs Ltdは、多様な仮想通貨プラットフォームでの取引かつ/または当ウェブサイト上での両替に関する利点 またはリスクに関し、支持、推奨、アドバイスや意見は行っておりません。当社は 活動致しません 代理店として、 いかなる手数料、インセンティブその他の金銭的利益を受け取りません。 当ウェブサイト上にて閲覧されたプラットフォーム上での取引の結果としての両替や取引の結果としての。仮想通貨での取引は可能性があり 極めて流動的となる、実行される取引はあくまで貴方のリスクにおいて行って頂きます。前に関連のリスクについて想定する必要がありますいかなる売買決定仮想通貨の。当社はいかなる損失に対し責任を負わず、損害賠償は致しかねます結果として発生するまたは関連して発生する、貴方の行う取引活動 ウェブサイト上の両替とプラットフォーム。


RIFの利用可能なサプライは何ですか?

展開時、RIFトークンスマート・コントラクトは10億RIFトークンを発行しました。しかしもともと、3億2000万のみが、このプロジェクトの初期コントリビューターによる償還のために利用可能でした。リマインダトークンは、RIFトークンスマートコントラクトにロックされており、5年間にわたって一定の間隔でロック解除されます。ロックの解除スケジュールはこちらです:

 

* 解除条件の1つは、トークンの使用に依存しているため、この表は、特定の時点において流通している可能性がある最大のトークン数を示しています。

 

アカウントのRIF Tokenバランスはどのように確認できますか?

お客様のアドレスを貼り付け、RSKエクスプローラで残高をご確認ください。



RIF Tokenについてまだまだ不明な点があります。

こちらのコミュニティでFAQを作成していますので、ご確認下さい。

https://www.rifos.org/faqs/