RIF Identity

RIF ディレクトリは、RNS を主要な構成要素とする、RIF エコシステム内のアイデンティティおよびレピュテーションレイヤーです。

それはユーザーとノードに対して、すべての重要な自己統治型アイデンティティ・プロトコルとやりとりするための統一されたAPI とライブラリを提供することになるでしょう。

RIF ディレクトリは、ユーザー、とりわけ従来の金融システムから排除されたユーザーが、今後は分散型デジタル経済に参加できるような、自己統治型の評価を構築しながら、ユーザーが自らのID を簡単に管理するのを可能とすることを目指しています。

RIF ディレクトリの主な目的は、ユーザーの個人情報をアクセスできる人を制限できるようにして保護することです。そして、ユーザーが自身の評価を完全に管理できるようにし、複数のマーケットプレイスやプラットフォームとやりとりする場合に、評価を用いることで移動が自由になり、追跡記録、連絡先、社会的価値を失わないで済むようにすることです。

RNS定義

RIF 名称サービス(RNS)は、ユーザーが任意のブロックチェーンで読み取り可能なドメインを持つのを可能にする分散型サービスです。決済、ID、ストレージ、通信アドレスなど、その他の個人リソースを識別するために使用可能です。

開発者 RNS Landing

Roadmap

2019年第
2020年第
2021年第
H1
H2
H1 2020年第
H2 2020年第
RIF Directory RNS Manager: reboot UX & UI
RIF Directory RIF Identity: Self-Sovereign Identity (SSI) platform MVP

+ Roadmaps

Follow our news!