分散型シェアリングエコノミー(DSE)は、変更することのできないスマートコントラクトによってまとめられた、ピアツーピアに基づく個人間でやりとりする、協力的なマーケットプレイスです。

従来のシェアリングエコノミーは大手テクノロジー企業を中心に構築されてきました。こうした企業は、ユーザーにルールの変更を強いてユーザーの個人情報を収益化しますが、その収益をユーザーに分配しません。

DSE の目標は、マーケットプレイスのアルゴリズムによって完全な制御と透明性が保たれた状態で、世界中の個人が、情報、価値、サービスを交換することのできる、開かれたアクセスプラットフォームを実現することです。

RIF は、個人の価値を強化し保護するために、分散型シェアリングエコノミーを繁栄させることを目標としています。

Roadmap

2019年第
2020年第
2021年第
4四半期
1四半期
2四半期
2019年第 4四半期
RIFストレージ ・テストネット導入 Part 1
RIF Notfier テストネットMVP
2020年第 1四半期
RIFストレージ ・テストネット導入 Part 2
RIFストレージ ・テストネット導入 Part 3
RIFマーケットプレイス ・テストネットMVP
RIF Communication グループおよび1対 1の匿名チャット
RIF Communication インセンティブ
2020年第 2四半期
RNS 動的レゾリューション
RIFゲートウェイ Oracle MVP
RIFストレー ジParial Mainnet導入
RIFストレー ジを統合したテストネット
RIFストレー 相互運用
RIFマーケットプレイス Mainent導入
RIF Communication 低水準通信
RIF Communication 高水準通信
RIF決済 見張り塔
RIF マーケットプレイス GasStation & GoDaddy

+ Roadmaps

ビジョン

「ブロックチェーン技術をより簡単に、さらに速く、拡張性を持たせて、大規模採用の促進を目指します」

RIF OS は完全な分散型インターネットを構築するための基礎的要素を構成することを目的としています。

すべてのRIF サービスが、開発者のグローバルコミュニティとブロックチェーン技術の相互作用を促進するように設計されています。

ビットコインは、ピアツーピアでの検閲への耐性を持つ価値の移転を可能にすることが実証されており、RSK を備えたRIF では現在、ID、ストレージ、通信、ゲートウェイ、マイクロペイメント、ゲートウェイレイヤーの追加を行って分散共有エコノミーを作成し、個人およびユーザーの権利保護を目指しています。

ブロックチェーンの大規模導入を可能にするために必要なインフラストラクチャとサービスを提供することにより、RIF OS は世界中の数百万人という、経済的に取り残されている個人の生活の変化および改善に貢献したいと考えています。

ホワイトペーパー

開始

1
ウォレット
の作成
2
RIF トークン
を手に入れる
3
RIF のサービスを
利用しましょう

RIF トークン

RIF トークンは、トークン保有者がRIF OS アーキテクチャに互換するサービスを消費するのを可能にします。

RIF トークン

対応されているウォレット

取引所

RIF トークン・スマート・コントラクト・アドレス

2018年11月9日午後8時12分(UTC)、RIF トークンのスマート・コントラクトがRSK ネットワーク上に展開されました。コントラクトのアドレスや詳細についてはRSK ブロックチェーン・エクスプローラでご確認いただけます:

0x2acc95758f8b5f583470ba265eb685a8f45fc9d5