Relay


RIF Relayは、DeFi採用の障壁を取り除く目的で設計されているため、新規ユーザーが取引を始め、分散型ファイナンスに不可欠なツールとサービスに慣れることが容易になります。

RIF Relayは、RSKエコシステムによって開発された重要なマイルストーンであり、ブロックチェーンのネイティブ通貨 (RSKではRBTC) を操作する必要性を排除することでユーザーの取引開始および操作が容易になるため、ユーザーは好みのトークンでのみ取引を行えるようになります

既定では、EthereumのETHやRSKのRBTCなどの自国通貨建てにより、ブロックチェーンでユーザーがトークン送金手数料の決済を行う必要があります。これは、新規ユーザーにとって障壁となります。なぜなら、新規ユーザーは、最初にネイティブ資産を購入してから取引開始前にトークンをウォレットに送金する必要があるためです。RIF Relayは、メタトランザクションをサポートするために、Smart Contractを許可するSmart Walletを使用することでこの問題を解決します。これにより、第三者がエンドユーザーに代わって料金決済を行う (または助成する) ことが可能になります。

本技術のアプリケーションには、初めて分散型金融取引を行う新規ユーザーのコストを賄うウォレットデベロッパがあります。

Beexo Wallet


RIF Relayを統合した最初のウォレット。現在、Testnetで統合を行っています。