RIF ストレージテストネットの立ち上げ

2020年1月7日

RIFストレージチームの立ち上げの時点から、私たちは分散型インターネットというヴィジョンを現実に変えるために懸命に取り組んできました。先週、laBITconfの開催中に、IOV-labsは分散型インターネットの重要なマイルストーンとなる、RIFストレージテストネットを正式に立ち上げました!
ブログのこの記事では、弊社がこの中間目標を達成した背景についてお話しようと思っていますが、最後に、RIFストレージから最高の画像にアクセスしてダウンロードする方法についてご説明しようと思います!

RIF ストレージテストネットとは

RIFストレージテストネットは開発者とエンドユーザーに分散型ストレージプロトコルとやりとりするのはどのような感じなのかという感覚を与えることができます。今では、RIFストレージは Swarmに統合されています。これらに先立って、弊社ではIPFSも統合している最中であり(近日中にご報告します!)ゲートウェイ, マーケットプレイスおよびピンニングサービスのための仕様を開発中です テストネット間、弊社が立ち上げたばかりのものと正式なSwarmテストネットの重要な相違は、RIFストレージテストネットにおける帯域幅アカウンティングを奨励するRIFトークンの使用状況です。最終的には、SwarmとRIFのヴィジョンは、同じネットワーク下で複数の通貨をサポートすることで、そのヴィジョンが現実になるまでは、弊社はRIFエコシステムにおいて開発者にRIF(テスト)トークンを使ってRIFストレージのユーザー体験を試してみるチャンスを与えたいのです。

歴史および弊社の貢献

IOV Labsは、少し前にSwarmとの提携を発表しました。その時から、RIFストレージチームは、Swarm内でインセンティブトラックを形成し、Swarmアカウンティングプロトコルを実装するのに懸命に取り組みました(詳しくはこちら)をお読みください)。テストネットの立ち上げが重要な中間目標である一方で、弊社が終わったという兆しではありませんでした。最近、インセンティブトラックは(ピンニングと郵送による宝くじを介して)持続的なストレージと帯域幅アカウンティングの価格を決定するネットワークの市場メカニズムに取り組んでいます。

ハンズオン

Swarmテストネットとやりとりする最初の1人になり特別プレゼントをダウロードしてください!

ゲートウェイ

RIFストレージはゲートウェイサービスを運営しています。Swarmと、自分のソフトウェアを実行しないでもやりとりが可能になっています。ここに移動して
anthem.rsk/Bitcoin_Anthem_Oflow_Show.mp3ファイルをダウンロードできるか確認してください

Swarmをダウンロード

  • ここからSwarmの最新版をダウンロードできます(0.5 .5以降のリリース、チェックサム:0f3debd195b01505e59d246515dd57b5)。注意:エッジバイナリはLinuxでのみ使用できます。
  • バイナリを開きます(例: tar -xvf swarm-.(...)tar.gz)
  • バイナリの実行ファイルを作成します:cdswarmフォルダに入れ、 chmod +x swarmを実行します

RSKアカウントに投資:

RIFストレージネットワークは奨励されているので、ネットワークとやりとりするには、tRIFとtRBTCの両方が必要です。ネットワークの帯域幅コストを支払うtRIF(その手続きによって、要求したファイルは、ホストおよび転送しているノードに転送されます)と、RSKの取引コストを支払うtRBTCです。

どんなアドレスのコインでも蛇口から入手できます:

コインを保持しているアドレスをメモしておいてください、次のステップで必要になります。

RSKj deamonを開始します

Swarmとやりとりするには、ブロックチェーンのバックエンドへの接続が必要です。RSKj WIKIに進み、RSKノードをローカルでインストール、コンパイル、実行するステップに従ってください。必ずRSK TestNetに切り替えてください(切り替えるための指示はここです)。

ノードが、ネットワークと同期するには若干時間がかかります(約8時間前後)。
curl -H"Content-type: application/json" -X POST --data '{"jsonrpc":"2.0","method":"eth_blockNumber","params":[],"id":1}' 127.0.0.1:4444 ご使用中のノードの最新のブロックの高さをリクエストし、 公式エクスプローラで触れたブロックの高さに対する回答と比較することで、同期していることを確認できます。

Swarmを開始

RSKjノードの同期が完全ではない場合は、このステップを実行しないでください!

次のコマンドを実行します:
./swarm --swap --swap-chequebook-factory 0x7EFa429447180c491aD1BB0b481D90534B74A3f6 --bzznetworkid 5 --bzzaccount --swap-backend-url http://localhost:4444 --ws --wsaddr=0.0.0.0 --bootnodes enode://846c424961adc146d54861bdf1eb6015e6908b689fd12d01c61307fffc848c22e514f5c898dc9243fbb17aa80750b556772599d84fe86a4b715f40ebc4c049bf@3.136.239.137:30399 --wsapi=accounting,bzz,swap,admin --wsport 8546 --wsorigins='*' --tracing --rns-api=99a12be4C89CbF6CFD11d1F2c029904a7B644368@https://public-node.rsk.co

アップロード

ファイルをアップロードしたいときは、コマンドラインから、 ./swarm up を実行します。完了すると、ファイルへのswarm hashハッシュ参照を取得します または、ブラウザでhttp://localhost:8500 に移動し、グラフィカルユーザーインタフェースを使用してファイルをアップロードします。

ダウンロード

ファイルをダウンロードするためには、コマンドラインから curl http://localhost:8500/bzz:/ / を実行します。または、http://localhost:8500に移動してグラフィカルユーザーインターフェースを使用します。または http://localhost:8500/bzz:/ / 直接、ご使用中のブラウザのアドレスバーにペーストします。

驚いたでしょう!

このチュートリアルのはじめに、あなたをびっくりさせることを約束しました。ここまできたら、ハッシュ9c8335dbcdadb5c853fa82177afbca3f3b26ade6763eb3c99dbfec7ad3e95823(またはRNS: anthem.rsk))でファイルをダウンロードなさってください。そしてBitcoin_Anthem_Oflow_Show.mp3を名付けます。楽しんで聴いてくださいね!

詳細を確認する

RSK開発者ポータルにて、公式開発者ガイドをご覧になってください!

Follow our news!