RIF Publish-UX集中型の耐検閲性出版

Nik Page-UXコンサルタント

2020年5月20日

真実の普及に危機が訪れています。大げさのようで、これは恐らく控え目な表現です。かつて真実の神聖な泉として受け入れられていた情報源である高品質のジャーナリズムは、大規模な検索エンジンでのカスタマイズされた検索結果から、収益ベースのクリックスルー広告、疑わしいメディア、徹底的な検閲、ボットによるプロパガンダまで、さまざまな角度から攻撃を受けています。残念ながら、これは問題の一部にすぎません。

RIF Publish(IOVlabsのプロジェクト)は最近、これらの問題の少なくとも一部解決に貢献する実演を開始しました。これは一見単純そうに見えるプロセスであり、出版元は、ドラッグアンドドロップウェブページまたはWordpressプラグインを使用して、分散型耐検閲性サーバーに投稿できます。このコンテンツは、別のプラグインを活用して、通常のブラウザを使用する読者が利用できます。これは、近年のジャーナリズムが直面しているすべての問題に対処するわけではありませんが、より堅牢なソリューションにつながる最初のステップです。それはまったくの新技術というわけではなく、いくつかのオープンソース要素に依存しています。

ユーザー中心の設計

RIF Publishのアプローチの主な側面の違いは、ジャーナリスト/出版元および読者の両方に優れたユーザー体験を提供するためのユーザー中心の焦点と推進力です。チームは、技術の観点からいくつかの選択肢が存在することを認識しましたが、どのターゲットグループでも大量導入を達成したものはないことに気付いたのです。RIF Publishは、ジャーナリストにインタビューを行い、彼らの作業方法、懸念事項、満たされていないニーズ、および他の分散型サービスやブロックチェーンオファーで経験したことを(あるとすれば)学ぶことで、設計作業を開始しました。収集したフィードバックは、現在のモデルは難しすぎる、高すぎる、またはメリットが不明確であるというものでした。検閲に抵抗する出版から始めるという選択は、問題が露呈したこれらのインタビューによって直接判明し、問題を解決することのメリットはターゲットグループに明らかでした。

RIF Publish設計チームは、読者も考慮しました。特に、違法になったりブロックされたりする可能性がある専用アプリを避ける必要がありました。そして、消費者側の習慣や使用するツールに合わせることが重要でした。

美しく、無料で、検閲に強い

通常のブラウザ(Brave、Firefox、またはChrome)で表示でき、投稿は、フォーマット、メディア、およびリンクを完備したウェブサイトとして表示されます。このため、ブランド出版元に適しています。もう一つの重要な要素はコストでした。そのため、RIF Publishingでは、Ethereumベースのオプションにあるように、投稿料金もネットワーク料金もかかりません。また、Twitterを介したマーケティングが組み込まれていますが、投稿へのリンクは任意のチャネルを通じて共有できます。記事はIPFSでホストされており(間もなくSWARMを組み込む予定)、政府や他者がサーバーを容易にブロックすることは不可能です。投稿から読者が読むまでのプロセスはシームレスです。

次のステップ

ユーザー中心のアプローチに沿って、RIF Publishは、ジャーナリストや読者からフィードバックを収集した後にのみ、次の手順を決定します。想定されるオプションは以下の通りです。

  • 投稿の持続性を管理し、読者数を追跡するためのパブリッシャーダッシュボード。
  • 大規模な組織向けのチームツール。
  • 読者が著者/出版元を直接サポートするための支払いオプション。
  • フェイクニュースの影響を制限するための「ソース信頼度」ツール。

RIF Publishはまもなく開発者向けに公開されます。公式発表をご覧ください。

Follow our news!