RIF Marketplace - 分散型のケース

Julian Rodriguez - RIF Marktplace PO

2020年5月12日

マーケットプレイスは、間違いなくシェアリングエコノミーの中核となる存在です。私たちはこれまでに、視野を広げ、世界中のどこからでもいつでも、他の人とつながり、商品やサービスを交換することを可能にする多くのデジタルプラットフォームの成長を目の当たりにし、おそらくある程度経験してきました。これらは私たちの生活の一部となり、多くの場合、有効で貴重な収入源となってきました。

しかし、別の現実もあります。つまり、これらのマーケットプレイスの大部分は、慣習的ルールを管理するだけでなく、プラットフォーム間でのやりとりと情報を完全に制御する大手テクノロジー企業を中心に構築されています。これらの大企業は組織外の関係者にはほとんど透明性を提供しておらず、一方的にユーザーに新たな契約条件を課し、誠実な所有者へ利益を共有せずに個人情報を収益化することもできます。

ブロックチェーン技術とsmart contractsは別のモデルとオプションを考慮し、(RIF Marketplaceなどの)真の分散型マーケットプレイスの構築を可能にします。これにより従来のプラットフォームと同様の利点を提供しながら個人の価値を高め、保護することができます。これらのコラボレーションマーケットプレイスを通じて、世界中の個人がピアツーピアベースでやり取りし、安全かつ完全な透明性と制御を備えた方法で情報、価値、サービスを交換することができます。

分散型マーケットプレイスの利点

集中型ソリューションと比べて、分散型マーケットプレイスは以下のような利点をもたらします。

  • 効率性:分散型マーケットプレイスでは仲介者は必要なく、プロバイダと顧客との間でピアツーピアな関係性を築くことが可能となります。これによりコストが下がり、余分な手数料が排除され、プラットフォームの効率が全体的に改善されます。
  • 開放性:分散型マーケットプレイスは実に開放的でグローバルなマーケットプレイスです。だれもが世界中のどこからでも参加することができます。管轄区域、地域、地域の規制などに関して制限や境界はありません。
  • セキュリティ: プロバイダーと消費者との間のすべての決済は、smart contractsを介してブロックチェーンで直接処理されます。これにより、分散型マーケットプレイスのすべての当事者が期待どおりに義務を果たすことを保証できます。
  • 透明性: 分散型でオープンソースの性質をもつため、分散型マーケットプレイスのルールは、すべての参加者に認知され、コードによって厳密に守られ、強制され、すべての当事者に透明性をもたらします。
  • 耐検閲性: 多くの集中型マーケットプレイスは、ルールに影響を与えたり操作したり、どの参加者がどの条件で参加できるかを決定したりすることで知られてきました。これは分散型マーケットプレイスでは発生しません。参加はオープンであり、すべての参加者は平等であり、恣意的な操作の可能性がないまったく同じルールに従う必要があるためです。
  • 改変不可能性:分散型マーケットプレイスでは、規約と条件はすべての関係者が認知しており、smart contractsを通じて適用されます。これにより時間の経過とともに変更されないことを保証し、恣意的で不正なルールの導入を回避します。
  • 自己所有の評判: 分散型マーケットプレイスでは、ユーザーは自分の評判を管理および所有し、必要に応じて、この検証可能な評判を他のアプリケーションまたはプラットフォームに引き継ぐことができます。

上記リストから分かるように、分散型マーケットプレイスは従来のマーケットプレイスに比べていくつかの利点があり、今後の相互作用方法を大幅に変える可能性があります。RIF Marketplaceでは、これを確信しているため、ユーザーと開発者が安全かつ効率的な方法でサービスプロバイダーと連携できるように完全な分散型マーケットプレイスを作り出すことで、ステーキング、スラッシング、レピュテーション、およびコードによって強制される問題解決メカニズムを提供してすべての当事者が期待通りに動作することを保証します。当社は(他の分散型マーケットと共に)RIF Marketplaceが更に開放的、協力的、かつ透明なエコシステムを創り上げ、完全な「分散型シェアリングエコノミー」の道を切り開くことを強く信じています。これが私たちの夢です。

Follow our news!