Multisig - RSKの流儀

Sr.Software Engineer Antonio Morrone著
2021年7月23日

RIF Multisigのご紹介

Multisigとは何ですか?

Multisig (マルチシグ) は、Multi-Signature (マルチシグネチャ) を短くしたもので、複数の秘密鍵に関連付けられているアカウントを説明するために使用されます。少なくともm人の所有者によってトランザクションが承認された場合、アカウントは、所有者のリストとポリシー「m-out-of-n (n人中m人)」で作成されます。

ブロックチェーンでは、各取引には公開鍵署名の使用法が含まれます。つまり、各ブロックチェーン参加者は、プライベート/公開鍵ペアを所有しています。参加者は秘密鍵を使用してトランザクションに署名し、その他のすべての参加者は、署名者の公開鍵を使用してその署名を検証できます。

Multisigアカウントでは、各トランザクションには実行される前に多くのアカウントの署名が必要です。1人の参加者 (Multisigアカウントの所有者中のとある参加者) でトランザクションを開始できますが、他の所有者がそのトランザクションを承認した場合にのみ約定されます。

その理由は?

Multisigアカウントでは、攻撃があった場合の単一障害点が排除され、1人以上の当事者が関与しているさまざまなユースケースを実装できます。下記に例を示します。

  • 冗長性: ユーザーが鍵を失っても、他のキーがまだ使用できるため、資金は失われません。
  • 2FA (2要素認証): 単一のユーザが、MultisigアカウントおよびPolicy 2-of-2に関連付けられているウェブウォレットとモバイルウォレットの両方を持つことができます。
  • 担当部門による承認: 2つの部門が、公開される前に各トランザクションを承認する必要があります (Policy 2-of-2の規定)。
  • 親権者の預金口座: 未成年者は、親権者のうち1人の承認を得た場合のみ、資金を消費することができます。

RIF Multisig

RIF Multisigは、Gnosis Safe +追加のSDKメソッドのすべての機能を提供し、初めて、シームレスな方法でRSKとBitcoin EcosystemにMultisigソリューションをもたらします。また、セキュリティおよびUXのEthereumと同様、Bitcoin体験にDefiを浸透させるのに役立ちます。開発者は、RSK Apps&Servicesチームによるサポートを受けてオープンソースソリューションを統合できます。

RSKソリューションアーキテクチャ

さらに詳しく&始めるには、DevPortalにアクセスOpen SlackでRIF IDチームからサポートを受けることもできます。

Follow our news!