ロードマップ
2019 年度第 3 四半期
RNS 1.1アップグレードRNS 1.1アップグレード
オークションの削除そしてドメインの直接購入による交換
RIF LuminoRIF Lumino
ライトクライアント + インボイス + SDK
ライトクライアントライトクライアント
フルノードを実行する必要はなく、ライトクライアントが、RIF Lumino ネットワークに接続できるようになります。(モバイル統合に必要です)
インボイス の発行インボイス の発行
Luminoの決済に対するインボイス(請求書)発行機能の追加(支払いを要求するための事前定義された QR コード)
SDKSDK
RIF Lumino ノードに接続するためのJavaScript SDK(より簡単なモバイル統合に必要)
RIF ストレージRIF ストレージ
RSK テストネットでのベータ版リリース(これによりファイルを暗号化した上、分散化して保存できます)そしてRNS統合(RIF Storageも RSK と他の RIFサービス全体から、複数の相乗効果により利益を得ます)
ライトクライアント
フルノードを実行する必要はなく、ライトクライアントが、RIF Lumino ネットワークに接続できるようになります。(モバイル統合に必要です)
インボイス(請求書)の発行
Luminoの決済に対するインボイス(請求書)発行機能の追加(支払いを要求するための事前定義された QR コード)
SDK
Lumino ノードに接続するためのJavaScript SDK(より簡単なモバイル統合に必要)
2019 年度第 4 四半期
RNS リバース・レゾリューションRNS リバース・レゾリューション
RNS リバース・レゾリューション特定のドメインの検索ができます)そしてエスクローサービス(RNS ドメインの信頼できない売買を可能にする simil GoDaddy)
RIF 決済RIF 決済
ハブ手数料(ハブが自分の運転資金としてトランズアクションの中継に請求できるようにします。ネットワークのスケーラビリティを促すためにとても大事です)
RIF ストレージRIF ストレージ
RSK mainnet の立ち上げとRIF Lumino の統合(Lumino は分散型ストレージに対する経済的インセンティブの支払いを可能に)
RIF データ・フィードRIF データ・フィード
ベータリリース(MVP
2020 年度第 1 四半期
RNSRNS
DNS との統合(インターネットドメインの所有者が RNS に同じドメインを登録できるようにするため)
RIF 決済RIF 決済
Lightning 統合(RIF 決済ライブラリーを経由して)およびクロストークン決済(RIF Lumino ネットワークのトークン間の決済そしてアトミックスワップ)
RIF ストレージRIF ストレージ
暗号化されたクラウドストレージ(ユーザーが同じインターフェースを使ってクラウド内の情報を簡単に暗号化できるようになります。一杯のストレージに対応できない大容量ファイルに最適です)
2020 年度第 2 四半期
RNS/RIF コミュニケーションズRNS/RIF コミュニケーションズ
RNS 動的レゾリューション(「ハンドシェイク」同じドメイン ID を持つ複数のアドレスを動的に解決できます
RIF 決済RIF 決済
見張り塔(オフラインで取引相手が資金を受け取りたい場合、ユーザーの安全性を確保します。モバイルのdAppでは非常に重要です)そしてブロックチェーン同士の決済(Lightningでの支払いの開始とLuminoトークン上で完了させる決済、そしてその逆もあります)
RIF ストレージRIF ストレージ
永続ストレージ (ユーザーは、人気のないコンテンツを格納するためにネットワークに料金を支払うことができます。取得ごとに支払うモデルは作動しません) ユーザー・インタフェースと統合を容易にする完全な UI とライブラリ