rLogin


rLoginは、自己主権型アイデンティティを確保しながらDeFiを始めるための第一ステップです。それにより、ユーザーは、Web3プラットフォームとIdentity3.0(SSI)プラットフォームの両方にアクセスするために単一アカウントのみを管理すればよいことになります。

DeFiが経済的自由を可能にする一方、SSIはユーザーにプライバシーを提供し、データの移植性を高め、誰が、あるいはどの企業がデータにアクセスできるかを制御します。

特長


rLoginは、RSKやEthereumなどの、すべてのEVMブロックチェーンと完全に互換性があります。

また、自己主権型アイデンティティを実現するための重要なコンポーネントであり、ユーザーが独自のデジタルIDを構築および管理できるようにします。

ERC1056およびW3C SSI規格に準拠しています。分散型識別子 (DID) と検証可能な資格情報。

rLoginを設定しましょう

rLoginを設定し、データボールトを作成し(最初の段階)、ここでDIDを管理しましょう

Identity Manager

統合プラットフォームの一
つでrLoginを使ってみましょう!

統合プラットフォームの一つでrLoginを使ってみましょう!

rLoginを統合する理由

rLoginの統合後に可能になること:

> 事前設計されたユーザー体験を提供しながら、ユーザーが選択した任意のブロックチェーンウォレットを操作できるフロントエンド

> アドレス指定されたウォレットによってユーザーを認証するバックエンド-分散型識別子(DID)

> ユーザー中心のクラウドストレージであるデータボールトに保存されているデータをユーザーに要求できる登録モデル

> ユーザーが自分のIDと情報を制御できる統合プラットフォームであるRIF Identity Managerとの互換性