RIF Storage

RIF ストレージは、検閲への耐性を持ち、許可を必要としない、分散型のストレージプロトコルです。IPFS やSwarm などの多数の分散ストレージネットワーク間の接続および切り替えを容易にする統合インターフェースを提供します。これらのシステムにインセンティブを追加して、ちょっとした攻撃や可用性への耐性を確保し、参加者がネットワークに参加して報酬を得るのを可能にします。

エンドユーザーとしてRIF ストレージを使用すると、データの所有権を取り戻すことができます。使用しているサービスが停止している場合でも、すべてのコンテンツを取得することが可能です。

開発者・サービス作成者であるRIF ストレージを使用することで、アプリケーションのストレージについて心配する必要がありません。また、コンテンツ配信サービスもすぐに使用できるため、インフラストラクチャに投資することなくアプリケーションを拡張することができます。

ビルドイン・インセンティブのおかげで、誰もがストレージプロバイダとなり、使用されていないストレージを他のユーザーに提供し、支払を受け取ることができます。

Roadmap

2019年第
2020年第
2021年第
H1
H2
H1 2020年第
H2 2020年第
RIF Storage IPFS file persistance: Phase 2 - centralised pinning with collateral

+ Roadmaps

Follow our news!