RIF Identity

RIF ディレクトリは、RNS を主要な構成要素とする、RIF エコシステム内のアイデンティティおよびレピュテーションレイヤーです。

それはユーザーとノードに対して、すべての重要な自己統治型アイデンティティ・プロトコルとやりとりするための統一されたAPI とライブラリを提供することになるでしょう。

RIF ディレクトリは、ユーザー、とりわけ従来の金融システムから排除されたユーザーが、今後は分散型デジタル経済に参加できるような、自己統治型の評価を構築しながら、ユーザーが自らのID を簡単に管理するのを可能とすることを目指しています。

RIF Identityの主な目標は、プライバシーを尊重する方法でユーザーの個人データを保護することで誰がデータにアクセスできるかを管理できるようにし、自らの評判を完全に制御できるようにすることです。そうすることで、ユーザーはその評判を利用して複数の市場やプラットフォームと自由にやり取りでき、実績、連絡先、社会的価値を失うことなく、自由に移動できるようになります。

RNS定義

RIF 名称サービス(RNS)は、ユーザーが任意のブロックチェーンで読み取り可能なドメインを持つのを可能にする分散型サービスです。決済、ID、ストレージ、通信アドレスなど、その他の個人リソースを識別するために使用可能です。

開発者 RNS Landing ご連絡いただけます RNS webinar Buy & Sell domains at RIF Markeplace

rLogin

rLoginは、自己主権型アイデンティティを確保しながらDeFiを始めるための第一ステップです。それにより、ユーザーは、Web3プラットフォームとIdentity3.0(SSI)プラットフォームの両方にアクセスするために単一アカウントのみを管理すればよいことになります。

rLogin Landing

Follow our news!