よくある質問

一般的な質問

RIF トークン

Servicios RIF

一般的な質問

  • IOV、RSK、RIFのブランド構造について説明してください。
  • IOV Labsは、世界規模での金融包摂を可能にし、この最新技術と大規模採用の間のギャップを埋める、次世代のオープンブロックチェーンベースのインフラストラクチャの促進と開発に焦点を当てた、目的志向の組織として運営されており、RSKおよびRIFプラットフォームを展開しています。詳細については、 https://iovlabs.org/zh-Hans/index.htmlをご覧ください。

  • RIFのビジョンは何ですか?
  • 「ブロックチェーン技術をより簡単に、より速く、拡張性を持たせて、大規模採用の促進を目指します」

    RIF OSは、完全な分散型インターネットを構築するための基礎的要素を構成することを目的としています。 すべてのRIFサービスは、開発者のグローバルコミュニティとブロックチェーン技術の相互作用を促進するように設計されています。

    ビットコインは、ピアツーピアでの検閲に耐性を持った価値の移転を可能にすることが実証されており、RSKを備えたRIFでは現在、ID、ストレージ、通信、ゲートウェイ、マイクロペイメント、ゲートウェイレイヤーの追加を行って分散共有エコノミーを作成し、個人およびユーザーの権利保護を目指しています。

    ブロックチェーンの大規模導入を可能にするために必要なインフラストラクチャとサービスを提供することにより、RIF OSは世界中の数百万人の経済的に取り残されている個人の生活の変化および改善に貢献したいと考えています。

    ホワイトペーパーへのリンク
  • RIFの価値ある提案とは何ですか?
  • それは有用性の問題ですか、もしそうなら、その有用性とは具体的に何ですか?もしトークンがRBTC単独では売れないコインを売るのに便利だったら。

    RIFは一連のプロトコル標準かつトークンでもあるので、この問題には2つの側面があります。RIF OS(Rootstock インフラストラクチャフレームワークオープンスタンダード)は、スマート・コントラクトに基づくブロックチェーンベースに依存する一連のオープンな分散型インフ

    ラストラクチャ・プロトコルで、分散アプリケーション(dApp)としてより速く、より簡単にスケーラブルな開発を可能にします。

    初期プロトコルには、RIF ディレクトリ(ネームサービスプロトコル)、RIF ペイメント(チェーンを使用しない支払プロトコル)、RIF データ(データストレージおよびストリーミングプロトコル)、RIF通信(安全なルーティング、セッション、暗号化通信プロトコル)およびRIF ゲートウェイ(クロスチェーン転送とOracle サービスを含む相互運用性プロトコル)があります。その標準は、開発者が分散化プロトコルの内部動作や低いレベルの機能を知らなくても、分散型インフラストラクチャ(ブロックチェーンとP2Pの両方)の使用を概念化し単純化することで、APIやライブラリとして実装することもできるインタフェースも定義しています。 この一連のプロトコルは、分散型ブロックチェーンネットワークを大量受け入れによる停止という、よくある問題を解決することを目的としています。(例えば:ビットコイン、RSK、イーサリアムなど)当社の考えでは、大きな2つの障害は持続可能なスケーリング(チェーン内でのスケーリングは可能ですが、検証ノードのメンテナンスコストが高くなり、集中化の原因になります)と開発者の使いやすさ(開発者がこの技術の使い方を学ぶのに数ヶ月かかることがあり、高レベルのプロトコルや再度使用できるコンポーネントがないために分散型アプリを構築するのは非効率的)です。

    RIF OSのガイドラインに従い、P2Pプラットフォームに基づく一連のブロックチェーンが構築されていますが、これはRNS、つまりRSK上のRIFディレクトリの実装で、最初に立ち上げられる予定です。RIFペイメントの最初の導入となるRIF ルミノがまもなく開始される予定で、2019年にはフルスタックの最初のバージョンが公開予定です。それでは、RIF OSエコシステム内部のRIFトークンの有用性について説明しましょう。

    最初の分かりやすい使い方は、RIF OSエコシステムのすべてのサービスにアクセスすることです。RSKインフラストラクチャフレームワークに準拠するには、プロバイダは少なくともサービスと引き換えにRIFトークンを受け入れる必要があります。それに加え、特定のプロトコルは、RIFマーケットプレイスでサービスを提供するために、すべてのサービスプロバイダがつながるための担保としてRIFトークンを使用します。これらのプラットフォームの分散化された性質を考えると、これは重要です。埋め込み型の保険メカニズムがなければ、エンドユーザーへのサービス品質を保証することができません。さらに、いくつかのプロトコルでは、担保とサービスプロバイダが保有するコントラクトの量との間の比率は、登録されたプロバイダの間で、新しいサービスコントラクトを大胆に分配するために使用されるでしょう。 また、それほど遠くない将来には、RIFトークンの他の使用法がRIF市場を席巻すると予想されます。最も関連性のあるものの2つは、契約相手のリスクのない安定資産(例:$ RIFDollar、$ RIFARSなど)を発行するため担保としてのRIFトークンの使用で、安定資産のサービス価格の表示および共通の資産または十分な流動性のないRIF 決済のハブ間における、トランザクションを解決するためにRIF トークンを使用できます。 当社では、すべての主要なスマートコントラクト対応の暗号通貨経済によって消費される可能性があるオフチェーンインフラストラクチャサービスのための統一されたマーケットプレイスとして、長期的には、RIF OSを想定しています。そのためRIFトークンは最初にRSKネットワーク上で作成されましたが、将来的にはそれはイーサリアムやEOSのような他のプラットフォームに転送できるようになるでしょう。これにより、当社の価値あるインターネットというビジョンの実現に一歩近づきながら、規模の経済が生まれ、全体としての分散型エコシステムの対脆弱性が強化されます。

  • なぜIOV LabsはRSK上にRIFを構築することを選択したのですか?
  • さらに、RSK Smartに加えて継続的に構築することを決定しましたが、なぜなら、Bitcoin Networkが保障する初のオープンソースのスマート・コントラクトとしての独自のポジションという武器を備えているからです。RSK Smart Contract NetworkおよびRIF OS Protocolsの目標はスマート・コントラクト、ほぼ瞬時の決済、安定性のさらなる向上を統合することで、価値を付加してビットコインのエコシステムの機能性を拡大することです。さらに、このことは決済から保管、そして市場化に至るまでの時間短縮まで、プロジェクトが多様な分散型インフラストラクチャ・サービスにアクセスするのも可能とします。

    RSKはBitcoin Networkが保障する初のオープンソースのスマート・コントラクト・プラットフォームです:

    • ビットコインの親和性:ビットコインは初の、そして、現在は、最も安全性の高いブロックチェーンです。
    • セキュリティ:RSKブロックチェーンはマージマイニング(merge-mining)によって安全が保たれています。すなわち、RSKは二重支出防止と決済ファイナリティの点で、ビットコインと同等とセキュリティを実現しうるのです。
    • スケーラビリティ:RSKは分散化に支障をきたすことなく、毎秒最大100のトランザクションにまで拡張可能です。
    • 柔軟性:瞬時の決済により、小売業者が備えるストア決済やマイクロクレジット等の新規の利用ケースを実現します。

    IOV Labsは、RSKスマートコントラクトネットワークが構築してきた強固な基盤の上にRIF OSプロトコルを実装しました。

  • RIFマーケットプレイスとは何ですか?
  • RIFマーケットプレイス(MP)は、サービスプロバイダーがオファーを宣伝できるシステムであり、ユーザーが容易に購入できるようにします。これはRSKブロックチェーン上でのオファーにインデックスを付けるスマートコントラクトのセットです。dapp開発者が直接アクセスできるマーケットプレイスライブラリであり、最終的には技術に詳しくない顧客にも使いやすいユーザーインターフェイスとなるでしょう。

    RIFマーケットプレイスはスタンドアロンのサービスであり、RSKおよびRIFで構築される分散型シェアリングエコノミー(DSE)でのサービス交換の構成要素として使用されます。 また、RIFマーケットプレイスは、永続ストレージ(ファイル固定サービス)、RNSのドメイン交換サービス、RIF 決済の“watchtower”サービスなど、多くのRIFサービスを利用する場所にもなります。リリースされるたびに追加が予定されています。

    開発者またはエンドユーザーとして、RIFマーケットプレイスは、コミュニティに提供する消費・収集に関するすべてのRIFサービスの決済のための、シンプルなインターフェイスを提供します。

RIF トークン

  • RIFトークンの目的は何ですか?
  • RIFトークンは、トークン保有者がRIF OSプロトコル仕様と互換性のある分散インフラストラクチャサービスを利用できることを目的としています。上記サービスには、第三者によって開発されたインフラストラクチャサービス、および、RIF OSマーケットプレースに統合される可能性があるその他のアプリケーションが含まれる場合があります。当社フレームワークは、RIF Token をサービスやアプリケーションへのアクセス手段/これらの消費手段として受け入れることに同意します。また、RIF OSマーケットプレイスでインフラストラクチャサービスを提供している場合は、消費者を保護してサービスレベル合意の違反を回避するため一定量のRIFトークンをデポジットする必要があります。

  • なぜRIF OSプロトコルはRBTCの使用に代わってトークンを創造したのですか?
  • K Live Mainnet はスマートコントラクトを、スマートビットコイン(RBTC)でビットコインエコシステムとの完全なインセンティブ整合を維持しながら実行することを要求していますが、RIF OS プロトコルは、インフラストラクチャのレイヤーを作成し連鎖させることを目指しています。これは当初はRSKエコシステム上に構築されていますが、将来的にはイーサリアムおよびEOS のようなスマートコントラクト対応プラットフォームと統合されます。そのためには、これらのネットワークのいずれにも中立的なトークンを持つことが重要であり、そのトークンの価格はネットワークのネイティブ暗号通貨の特定の価格(RBTC、 ETH、EOSなど)に関係なく、インフラストラクチャサービスの提供と需要との関連により定義されます。ユーザーの観点から見れば、それはさらなる摩擦をもたらすことはありません。なぜなら、近い将来、DEX(分散型交換)がRIF OSプロトコルが統合されているネットワークのネイティブ通貨間の即時変換を提供すると予想されるからです。RIFトークンの移植性は、価値あるインターネットの実現に一歩近づけるように、規模の経済を生み出し、全体としての分散型エコシステムの対脆弱性を強化するでしょう。主な理由は、RIF OSを長期的に見れば、スマートコントラクト対応のすべての暗号エコノミー(つまりRSK、Ethereum、EOS)が消費し得るオフチェーンインフラストラクチャサービスの統一マーケットプレースとして考えていることです。この意味で、ポータブル/ニュートラルトークンを持つことは必須です。

  • RIFトークンとRBTCの違いは何ですか?
  • Root Infrastructure Framework Open Standard(RIF OS)は一連のオープンかつ分散型のインフラストラクチャ・プロトコルであり、これは、統合環境における分散アプリケーション(dApps)のよりスピーディで容易かつスケーラブルな開発を実現します。RIF OS は、分散化されたサードパーティのオフチェーン決済のサポート、分散型アプリケーション間のシームレスで安全なコミュニケーションにあたってのAPI 群、使い勝手に優れた開発者向けインターフェースです。RIF OSサービスへのアクセスと支払いはRIFトークンに基づいています。これによって開発者はディレクトリ、支払い、データフィード、サードパーティが開発したインフラストラクチャサービスを含むストレージおよびコミュニケーションなどのRIFプロトコルの上に構築された一連のサービスにアクセスできます。また、サービスやアプリのアクセスや利用の手段としてRIFトークンを受け入れることに同意するRIFフレームワークにデプロイされる可能性のあるその他あらゆるアプリケーションへのアクセスも可能です。RBTCはRSK Live Mainnetのネイティブトークンで、対BTCは1:1で固定です。それはガソリン代として、ETHがイーサリアムのガソリン代として機能する場合と同じ方法で、 スマートコントラクトの実行に支払われます。技術ユーザーは、ビットコインプロトコルとRSKプロトコル間のブリッジで、BTC間に変換することにより、分散型の方法で入手できます。技術的なことに詳しくないユーザーは、RSKおよびRSKで実行されるすべてのア

  • RIFトークン・スマートコントラクトアドレスとは何ですか?
  • 2018年11月9日午後8時12分ごろ(UTC)に、RIFトークンのスマート・コントラクトがRSKネットワーク上で展開されました。コントラクトのアドレスや詳細についてはRSK Blockchain エクスプローラでご確認いただけます: 0x2acc95758f8b5f583470ba265eb685a8f45fc9d5

    契約コードはRIF Labsのgithubリポジトリ内にあります: https://github.com/riflabs/RIF-Token

    RSKエクスプローラーで展開された契約について: https://explorer.rsk.co/address/0x2acc95758f8b5f583470ba265eb685a8f45fc9d5

  • RIFトークンジェネレーション契約はいつ展開および配布されましたか?
  • 2018年11月9日午後8時12分ごろ(UTC)に、RIFトークンのスマート・コントラクトがRSKネットワーク上で展開されました。合計10億のRIFトークンが作成され、RIF Labsホワイトペーパーのトークン販売セクションでの説明に従い割り当てられました。

  • 民間販売でどれくらいのお金が集められましたか?
  • ホワイトペーパーに記載されているように、民間販売で集められた資金は約 22000 BTCでした(4.5%がETHで受領され対BTCの価値が大きく下がったので、少し少ないです)。集まった金額の100%は技術開発と適用の促進に使われます。標準市場の給与を受けているRIF Labsチームメンバーには、全く提供されていません。

  • 民間販売でのRIFトークンの価格はいくらですか?
  • 事前販売の最初から最後まで、全ての価格は等しくBTCあたり14000 RIFに設定されていました。

  • トークン販売プロセスはどのようなものですか?
  • 個別販売での購入が可能になったRIFトークンは、RIF Labsが個人出資者に直接、独占販売しました。個別販売に参加した出資者はRIF Labsから承認を得ており、総合KYCプロセスの実施が義務付けられていました。このプロセスには、RIF Labsが雇用したKYC/AMLプロセスの実施を専門とする第三者に対する情報の提供が含まれていました。トークン取得時の出資者の目的と目標、およびトークンの有用性に関する参考資料が、WPとECAにいくつか含まれていました。

  • トークン交換プロセスに関する情報を教えていただけますか?
  • 個別販売で購入されたすべてのRIFトークンについては、TGE日にRIF Labsが出資者に対して入手可能にしました。これらのRIFトークンは、RIF LabsがTGE日から1年間展開するスマート・コントラクトによって、販売出資者が買い戻すことができる状態になります(買戻し期間)。個別販売の出資者は、各自のRIFトークンを受け取るために、RIF Labsが送付した買い戻し手順に従うことによって、関連するスマート・コントラクトに関わる必要があります。これは、個別販売の出資者が買い戻し機関にトークンを受け取る唯一の方法です。買い戻し期間が終了すると、出資者によって買い戻されなかったRIFトークンは、スマート・コントラクトによって自動的にRIF Labsに返却されます。

  • 付与されたボーナストークンインセンティブは何でしたか?
  • 個別販売時に購入されたRIFトークンに対しては、売却禁止契約が一切適用されません。ただし、個別販売の出資者が各自のオリジナルのウォレットで初回のRIFトークン割り当てを保管し、3か月間、6か月間または9か月間保持し続ける場合、RIF Labsはそれらの出資者に対して保持期間に応じてボーナストークンインセンティブを提供します。

  • どのウォレットがRIFトークンに対応していますか?
  • 対応しているウォレットについては、 https://www.rifos.org/rif-token/をご覧ください。

  • RIFトークンはどこにリストされていますか?
  • RIFがリストされている交換に関する情報は、 https://www.rifos.org/rif-token/をご覧ください。

  • RIFトークンはいくつ存在していますか?またその流通サプライは何ですか?
  • 展開時、RIFトークンスマート・コントラクトは10億RIFトークンを発行しました。しかしもともと、3億2000万のみが、このプロジェクトの初期コントリビューターによる償還のために利用可能でした。リマインダトークンは、RIFトークンスマートコントラクトにロックされており、5年間にわたって一定の間隔でロック解除されます。

  • なぜRIFトークンはERC20 / ERC677トークンなのですか?
  • RIFトークンは実際にはRRC677トークンです。ERC677規格との混同を避けるために、RRC677と呼んでいます。RSK Live MainnetにデプロイされているすべてのERCプログラミングインタフェース規格は、明確にするためにRRCに改名されています。RRC677は、広く使用されているERC20標準と完全に互換性のあるRRC20標準の改良版であるため、Ethereumネットワーク上のすべてのERC20トークンをシームレスにRSKネットワークにポートできます

  • 私のRIFトークンをウォレットでEthereumネットワークに切り替えるとどうなりますか?
  • あなたのRIFトークンは安全です。しかしRSK Live Mainnet上に存在するので、それが見られるのは、ウォレットネットワークとしてRSK Mainnetを選択した場合のみです。

  • イーサリアムアドレスでRIFを保持できますか?
  • いいえできません。RIFトークンはRSK Live Mainnet上にのみ存在します。チェックサムが有効になっていない場合、イーサリアムとRSKのアドレスは同じに見えます。チェックサムがアクティブになると、RSKとEthereumは異なる文字が大文字に変換します。どのネットワークにアドレスが所属するかを確認するにはhttps://address-validator.rsk.coをご覧ください。

  • RIFトークンを送信するには、ウォレットにRBTCが必要ですか?
  • はい、RSK Live Mainnetでのあらゆる取引には、RBTCでのネットワーク料金支払いが必要です。将来的にはRSKプロトコルがエンベローピングをサポートするようになり、ネットワーク料金もRIFトークンまたはその他のトークンで支払われるようになります。これは、RBTC下で変換され、エンドユーザーにとってよりシームレスなエクスペリエンスを実現します。

    詳細については、 https://developers.rsk.co/tutorials/send-tokens-through-metamask/をご覧

  • 他のブロックチェーンエクスプローラーでRIFを見つけた場合(例:Etherscan)、それを信頼することができますか?
  • RIF Token は RSK Liveメインネット上のみにデプロイされます。RSKエクスプローラーでご確認いただけます。 異なるブロックチェーンでRIFトークンを見つけた場合、お問い合わせセクションからご連絡ください。

  • RIFトークンを受け取るには、MyCryptoのRBTCアドレスがあれば大丈夫ですか?
  • はい。RSK アドレスを使えば RIF Token を受け取ることができます。

    MyCryptoの使用方法については、 https://github.com/rsksmart/rskj/wiki/RSK-with-MyCryptoにアクセスしてください。

RIF サービス

  • RIF OSを構成するサービスはどのようなものですか?
  • RIF OSを構成するサービスは次のとおりですディレクトリ、決済、ストレージ、通信、ゲートウェイです。

  • RIFディレクトリとは何ですか?
  • RIFディレクトリは、RNSを主要な構成要素とするRIFエコシステム内のアイデンティティおよびレピュテーションレイヤーです。 RIFディレクトリは主要な自主アイデンティティプロトコルとやり取りするための統一されたすべてのAPIとライブラリをユーザーとノードに提供します。RIFディレクトリは、ユーザーがIDを容易に制御して分散型エコノミーで相互作用できるようにするとともに、一般のユーザーと、特に従来型の金融システムから取り残されてしまっているユーザーが将来の分散型デジタルエコノミーに参加できるようにする自主的なレピュテーションを構築することを目的としています。RIFディレクトリの主な目標は、ユーザーの個人データを保護し、アクセスできるユーザーを管理し、評判を自身で完全に制御できるようにすることです。そして、彼らはこれを使用して実績、連絡先、社会的価値を失うことなく、自由に移動して複数の市場やプラットフォームとやり取りすることが可能です。

    ディレクトリの仕様
  • RIF名称サービスとは何ですか?
  • RIF名称サービス(RNS)は、ユーザーが任意のブロックチェーンで読み取り可能なドメインを持つことを可能にする分散型サービスです。決済、ID、ストレージ、通信アドレスなど、その他の個人リソースを識別するために使用可能です。

    詳細については、 rifos.org/nameserviceをご覧ください。

  • ドメインをRNSに登録してから流通市場で販売できますか?
  • RNSにドメインを登録する人なら誰でも、直接的または第三者の流通市場を使ってドメインを売ることができます。IOVラボは現在そうした市場の開発に携わっていませんが、世界中の開発者にとってRNSドメインのための分散型で使いやすい市場を考案することは良いアイデアでしょう。RNS が一体何なのか、精査しようとお考えですか? RIF Name Service(RNS)は、人間が読める名前またはエイリアスによるブロックチェーン・アドレスの識別を可能にするアーキテクチャを提供することによって、ユーザーの体験をより明確化するために設計されています。それは支払、または通信用アドレスのような他の個人的なリソースを識別するために使用可能です。

    人間が読み取れる名前に関連付けられた複数のリソースへのアクセスを集中化することで、ブロックチェーン・プラットフォームのユーザー体験を強化します。ネーム・ソリューション・サービス、または「エイリアス」を追加することによる「使いやすさ」と同時に、エラーが生じる確率は著しく低下します。リソース名称は時間の経過とともに変わる可能性があるため、システムは頻繁な変更に対応できるような柔軟性を備えている必要があります。これまで、RIF Name Service はRSK ネットワーク上に構築されたアドレスのみをサポートしていましたが、現在、ブロックチェーン・ユーザーは複数の種類のコインや資産を管理することができます。

    RNSの詳細については、https://www.rifos.org/rif-name-service/にアクセスしてください。

  • RIF決済とは何ですか?
  • RIF決済は、オフチェーンでのあらゆる決済ネットワークへのアクセスを可能にしたプロトコルであり、RSKネットワークに展開されたトークンに対応し、高速で拡張性の高い低コストのオフチェーン決済が可能です。異なる決済ネットワーク間に抽象化レイヤーを作成し、トークン間およびネットワーク間のトランザクションを許可することにより、ユーザーがLumino、Lightning、Raidenなどの複数のクロスブロックチェーンやオフチェーンネットワークとシームレスなやりとりを可能にすることが目標です。

  • Lumino とは?
  • RSKサイドチェーンネットワークを搭載したRIF Luminoネットワークは、ビットコインブロックチェーンの第3層ソリューションであり、RSKネットワークに展開されたトークンに対してビットコイン対応のオフチェーンでの決済機能を実現し、ほぼ即時での決済処理速度によりコストを大幅に削減します。

    Luminoネットワークの利点:

    • 低コスト
    • 確認時間の短縮
    • RSKで展開されるトークンへの対応
    • vCrossトークン決済
    • Lightningネットワーク対応
      • 請求システムはLNに準拠
      • ネットワーク間決済
  • Luminoに関する一般的な情報
  • https://www.rifos.org/rif-lumino-network/.

  • Lumino を一般市民に認知させる計画の進捗はどうですか?
  • RIF Lumino ネットワークはすでに一般市民に普及しています。(詳細については、 https://www.rifos.org/rif-lumino-network/をご覧ください) つまり、Lumino および使い勝手に優れた価値のインターネット(internet of value)の創造はRIF の主たる優先課題の1つです。こうした理由から、Lumino はすでにRIF Naming Service(RNS)と統合しており、非技術系ユーザーにとってユーザビリティを著しく向上させています。 また、当社はLumino ライトクライアントや開発ライブラリと協調し、ウォレットや取引所との統合を推し進めています。 さらに、IOV Labs チームはビジネスニーズからRIF Lumino を利用したいと考えている銀行や組織向けのソリューションに取り組んでいます。

  • Luminoネットワークの様々なKPIとは何ですか?ブロック/秒、完了に至るまでの時間、TPS、またはトランザクションあたりのコストのことですか?Lumino はすでに一般の信頼を得ていますか?どのプロジェクトがLumino を基盤に構築されていますか?
  • Lumino が実現しうる毎秒あたりのトランザクション数ですが、主として、実際のネットワークのトポロジーおよび参加者がチャネル内にロックするコインの数量に左右されます。また、技術上の観点から、ネットワークに参加するコンピュータの処理能力と待ち時間も応答性の高いシステムを提供するうえで重要です。加えて、ネットワークの能力はユーザーの使用パターンに左右されます。依然として無数の未特定要素があるようです。しかしながら、当社は小規模から大規模なネットワークへの予期される一定のパターンをシミュレートし、ネットワーク成長や効果的な決済の数、支払の決済回数、平均コストについての有益なメトリクスを入手することができます。RSK Labs によってRSK 対象にすでに策定されているスケーラビリティ改善の提案の統合を勘案し、取得済みのメトリクスから、Lumino が他の決済ネットワークと競合するようなコストおよび応答回数を伴うことなしに、6,000万のアクティブなユーザーに展開可能であることが明らかです。それ以上の拡張にあたっては、解消する必要のあるリソースの壁が存在します。コミットチェーンなどの学究領域によって開発段階にあるその他のサード・レイヤーがLumino と相互作用し、補完してくれるようになるのを期待しています。 ウォレットやソリューションをLumino に統合させるいくつかのプロジェクトがあり、数か月以内に実装された段階でお知らせされます。

  • Luminoネットワークに参加するにはどうすれば良いですか?
  • ネットワークの一員になりたいとお考えであれば、Lumino レポジトリが開放されており、ノードの構成設定や管理についての指示事項をレポジトリにて入手することができます。

  • Lumino は稼働中ですが、次なるステップとは何でしょうか?
  • 当社は間もなく起動する予定の新しいRIF Payments コンポーネントおよびRIF Storage Protocol に取り組んでいます。今年末までにはRIF OS サービスの完全スイートの準備完了を目指しており、フルスタックが一体としてどのように作用するかを実証してくれるでしょう。

  • LuminoとLightning Networkの競合状況は?
  • 当社はLightningを競合相手ではなく補完するものとしてとらえています。ドュアルライトニング /ルミノノードにより、RSKネットワークの使用が非常に簡単であることから、スマートビットコインのビットコインのアトミックスワップが可能になるでしょう。

    一方、ライトニングは現時点ではビットコインのみですが、RIFルミノペイメントは、RSKネットワーク上に存在するすべてのトークンに対して、オフチェーン支払いを可能にします。ほんの数セントの費用で、ビットコインと完全統合された不換通貨に連結された安定資産により即時に決済できるという可能性を想像してください。それは世界中のフィンテックのために完璧な取引を創造し、完全に新しいレベルでの金融システムの競争を可能にするでしょう。

  • RIF におけるサービスとして、分散型アイデンティティに関連するソリューションの実装をお考えですか?
  • はい。RIF Identity はRIF Libraries の最も重要な構成要素の1つです。そして、RSK Network でのアイデンティティ、サインやエクスチェンジのイベントの認証を固定する基礎を提供し、これは、後々、評判や名声のモデルを構築するのに利用できます。当社は共同スタンダードの規定にあたってこの分野の有数の専門家(Sovrin、uPort 等)と協議しています。 さらに、ID2020 の取り組みの一部を構成するMicrosoft と連携しており、NGO Bitcoin Argentina、Inter-American Development Bank およびAccenture(ID2020 メンバー)とパートナー関係を結んでブエノスアイレスのスラム地区における評判や名声のアイデンティティにまつわる初の包括的な金融エコシステムの創造と実装に着手します。

  • RIFストレージとは何ですか?
  • RIFストレージは、検閲への耐性があり、許可を必要としない、分散型のストレージプロトコルです。IPFSやSwarmなどの多数の分散ストレージネットワーク間の接続および切り替えを容易にする統合インターフェースを提供します。これらのシステムにインセンティブを追加して、ささいな攻撃や可用性への耐性を確保し、参加者がネットワークへ参加して報酬を得ることができます。

    エンドユーザーとしてRIFストレージを使用すると、データの所有権を取り戻すことができます。使用しているサービスが停止している場合でも、すべてのコンテンツを取得が可能です。

    開発者・サービス作成者であるRIFストレージを使用することで、アプリケーションのストレージについて心配する必要がありません。またコンテンツ配信サービスもすぐに使用できるため、インフラストラクチャに投資することなくアプリケーションを拡張することができます。

    ビルドインインセンティブのおかげで、誰もがストレージプロバイダーとなり、使用されていないストレージを他のユーザーに提供し、支払いを受け取ることができます。

    IOV Labs はファイルの保管と検索にあたって統一API の導入および複数のストレージ・ネットワークのサポートに取り組んでいます。これこそ、RIF Data Storage プロトコルなのです。最初のネットワーク・プロバイダのために、当社は既存のソリューション(Swarm、IPFS、Storj、Sia 等)を検証し、Swarm に準拠させるべく取り組んできました。こうしたプロトコルの大半は以下のバリエーションを実装しています:アップロード済みのファイルが複数に分割され、ネットワークに配分されます。ファイルが要求されると、全てのチャンクが検索されて統合されます。このネットワークに参加する各ノードは決済目的から保管/ 提供されるデータを追跡します。この時点で当社が持ち込むイノベーションはインセンティブ・モデルとプルーフ・メカニズムを簡素化します。言うまでもなく、RIF Data Storage はRNS(指定されたファイルの検索と変異性の許容目的)またはRIF Payments のようなその他のRIF サービスとインセンティブ提供目的で統合します。加えて、将来的に、当社は同一のRIF Storage API やUI 下で全ての効果的に稼働するストレージ・ネットワークの統合を推進し、結果、ユーザーは一覧からプロバイダを選択するだけでストレージ・ネットワークのバックエンド同士の切り替え、あるいは、同時に複数のネットワーク上での単一のファイルの保管すらもできるようになります。

  • RIFゲートウェイとは何ですか?
  • RIFゲートウェイは、外部世界と、安全で改ざんが防止された状態でやり取りできるように設計された相互運用性プロトコルセットを提供します。Oracleサービスへのアクセスとクロスチェーンを統合するインターフェイスレイヤーを提案し、内部および外部両方のデータ消費に対して、実装に依存しないプロトコルをブロックチェーンに提供します。

    RIFゲートウェイは、ブロックチェーンベースのデータサービスに関する最新の研究を活用し、最も広く認識されている業界ソリューションを実装しています。同時にこれらのテクノロジー実装の複雑さを大幅に削減可能となるユーザー指向の統合APIを提供しています。ブロックチェーン間のブリッジを構築し、データプロバイダーと消費者が安全で標準化されたデータ転送を容易に実行できるよう設計されており、幅広いデータ消費、サブスクリプション、および支払いモデルに対応しています。

    です。
  • RIFコミュニケーションとは何ですか?
  • RIFコミュニケーションを使用するとピアツーピアネットワークの関係者が相互的に発見でき、匿名性、機密性、整合性、信頼性を確保した安全な通信チャネルを確立できます。

    機密性:第三者は送信されたメッセージを読むことができません。
    整合性:第三者が送信されたメッセージを変更することを防止します。
    信頼性:エンドポイントのなりすましを防止します。
    匿名性:有効にすることで、ネットワーク内の全員が、特定のメッセージの送信者または受信者を識別することができなくなります。

    公開鍵をディスカバリメカニズムとして使用することにより、ユーザーはRIFディレクトリに仮名を公開し、文字数の多い公開鍵を覚える必要なく検出可能になります。RIFセキュアコミュニケーション・インフラストラクチャプロトコルは、エンドユーザー、RIFOSパーティ、またはサービス間で安全な通信リンクを確立する必要性を満たすことを目的としています。

    開発者
  • RIFでの構築を始めるにはどうすればよいですか?
  • Visit https://developers.rsk.co/rif/へアクセスしてください。