RIF Communications

RIF コミュニケーションを使用すると、ピアツーピアネットワークの関係者が相互的に発見でき、匿名性、機密性、整合性、信頼性が確証された安全な通信チャネルを確立することができます。

機密性:第三者は送信されたメッセージを読むことができません。

整合性:第三者が送信されたメッセージを変更するのを防ぎます。

信頼性:エンドポイントのなりすましを防止します。

匿名性:有効にすることで、ネットワーク内の全員が、特定のメッセージの送信者または受信者を識別することができなくなります。

公開鍵をディスカバリメカニズムとして使用することにより、ユーザーはRIF ディレクトリに仮名を公開し、文字数の多い公開鍵を記憶する必要なく、検出可能となります。RIF セキュア・コミュニケーション・インフラストラクチャ・プロトコルは、エンドユーザー、RIFOS パーティ、またはサービス間で安全な通信リンクを確立する必要性を満たすことを目的としています。

Follow our news!