General FAQs

RIF Labsは次世代のオープンのブロックチェーンベースのインフラストラクチャの推進と開発に特化した目的主導型組織として事業を展開しており、このインフラは世界中の金融の統合を可能にし、こうした新生技術と大規模導入のギャップを埋めます。

RIF Labsは一体型で使い勝手に優れたブロックチェーン・インフラサービスであるRIF OS Protocolsを導入していますが、これはさらなるスケーラビリティおよび市場展開までの時間短縮を実現します。

同組織は世界規模のミッション駆動型の情熱的なコラボレータから構成される成長中のチームを擁し、このチームはRSK Labsの創設チームによって牽引されており、創設チームはビットコインや仮想通貨の分野の最先端的存在として広く認知されていて、2011年以来、重要なイノベーションの数々を積極的に展開してきました。

RIF LabsはオープンソースのRSK Smart Contract Networkの創造の陰の立役者であるRSK Labsの取得に対する合意に締結しています。この取得を背景に、RIF LabsはRSK Smartの技術とRIF OS分散型プロトコル双方の開発を主導しつつ、コミュニティの成長および連携の推進を図っています。

オープンソースのRSK Smart Contract Networkの創造の陰の立役者であるRSK LabsはICO(新規か創通か公開)を行わず、民間投資ラウンドによる出資を受けてきました。加えて、RSK Labsによって構築されたオープンソースのRSK Smart Contract Networkは今後もネイティブの通貨であるsmartBitcoin(RBTC)の運営を行い、この通貨は、常時、ビットコインと1:1の比率で交換可能です。

他方、RIF Labsは、RSK Labsを取得した目的主導型の組織で同じ原則と概念を共有し、 RIF OS Protocolsの実施の発展において財務面で一部寄与することとなった民間のトークン販売を行いましたが、このことは、RSK Smart Contract Networkと併せ、IoV(価値のインターネット)の実現に向けて大きな前進を果たすことになります。

収益はRSK Smart Contract Networkのさらなる発展、RIF Open Standard(RIF OS)Protocolsの開発の支援、ならびに全エコシステムのグローバル規模の導入の推進を目的に使用されます

当社は障害や憶測を最小化できると同時に、自身の組織の長期的な持続可能性、結果としてビジョンを保護することができると考える方法でRIFトークンの販売の実施に踏み切ります。コミュニティが参加することのできるような機会を供与することは、今なお、当社の主要目標の1つであり、今後、長期に及び寄与者がオープンのブロックチェーンおよび分散型ネットワークに参加することのできるような方法を模索していきます。

Root Infrastructure Framework Open Standard(RIF OS)は一連のオープンかつ分散型のインフラストラクチャ・プロトコルであり、これは、統合環境における分散アプリケーション(dApps)のよりスピーディで容易かつスケーラブルな開発を実現します。

RIF OSは一体型の使い勝手の良い、ブロックチェーン・インフラストラクチャ・サービス・フレームワークです。そして、デベロッパーや組織に対し、複数の仮想通貨経済にわたる多様なサービスへのアクセスを提供します。決済から保管までの多様なサービスを1つのトークンで可能にします。

RIF OS Protocolsは広範な相互運用性とより迅速な展開までの時間短縮を可能にし、ブロックチェーン技術と大量消費市場での導入のギャップを埋めることを目標とします。RIF OS ProtocolsはIoV(価値のインターネット)に息吹を吹き込むRSK Smart Contract Networkのビジョンを補完します。

RIFサービスとはプロトコルを順守すれば誰しもが構築することのできるRIF OS Protocolsの実装です。RIF Labsは、とりわけ、RSK Smart Contract Networkに加え、RIF OS Protocolsの実装の構築に取り組んでいますが、Bitcoin Networkが保障する初のオープンソースのスマート・コントラクトとしての独自のポジションにあることがその理由です。RIF OS Protocolsの全実装には、一連のインターフェイスおよび決済手段としてのRIFトークンの受諾が共通して見られます。

RIF LabsはオープンソースのRSK Smart Contract Network構築の立役者であるRSK Labsを取得しました。さらに、RSK Smartの、Bitcoin Networkが保障する初のオープンソースのスマート・コントラクトとしての独自のポジションを武器に、付加的に、RIF OS Protocolsの実装に着手しています。明確な戦略的理由から、RIF Labsは技術発展および全体としてのエコシステムのためのコミュニティ成長を牽引していきます。

RIF OS ProtocolsおよびRSK Smart Contract Networkの双方は同じ原則と使命を共有し、今後、RIF LabsとRSK Labsの混成チームによってサポートされることになります。結果、当社は、IoV(価値のインターネット)に息吹を吹き込むことになるこの次世代のブロックチェーンベースのインフラストラクチャを構築することで、世界中の締め出されてきた何百万人もの生活を向上させるという課題に集中し続けることになります。

さらに、RSK Smartに加えて継続的に構築することを決定しましたが、なぜなら、Bitcoin Networkが保障する初のオープンソースのスマート・コントラクトとしての独自のポジションという武器を備えているからです。RSK Smart Contract NetworkおよびRIF OS Protocolsの目標はスマート・コントラクト、ほぼ瞬時の決済、安定性のさらなる向上を統合することで、価値を付加してビットコインのエコシステムの機能性を拡大することです。さらに、このことは決済から保管、そして市場化に至るまでの時間短縮まで、プロジェクトが多様な分散型インフラストラクチャ・サービスにアクセスするのも可能とします。

RSKはBitcoin Networkが保障する初のオープンソースのスマート・コントラクト・プラットフォームです:

  • ビットコインの親和性: ビットコインは初の、そして、現在は、最も安全性の高いブロックチェーンです。
  • セキュリティ: RSKブロックチェーンはマージマイニング(merge-mining)によって安全が保たれています。すなわち、RSKは二重支出防止と決済ファイナリティの点で、ビットコインと同等とセキュリティを実現しうるのです。
  • スケーラビリティ:RSKは分散化に支障をきたすことなく、毎秒最大100のトランザクションにまで拡張可能です。
  • 柔軟性: 瞬時の決済により、小売業者が備えるストア決済やマイクロクレジット等の新規の利用ケースを実現します。

RIF LabsはRSK Smart Contract Networkが構築してきたソリッドな基盤を掌握してRIF OS Protocolsを実施してきました。

今後2~3年における当社のビジョンは、RIF OS Protocolsが分散型アプリケーションの発展にあたっての産業標準のフレームワークとして機能するようになることです。分散型アプリケーション(dApps)が信頼を寄せることになるような複数のサービス提供者たちの間のコミュニティとして受諾されるトークンとしてRIF Tokenを活用することで、当社の技術はdApps開発をより容易でスピーディかつスケーラブルにしつつ、ソリューション展開のワンストップのソリューションをデベロッパーに提供することを目的としています。デベロッパー、イノベーターの組織がこうした複雑な技術にアクセスすることを簡素化することは一斉導入およびIoV(価値のインターネット)の実現の鍵となります。



RIFトークン FAQ

概要

RIFトークンは、トークン保有者がRIF OSプロトコル仕様と互換性のある分散インフラストラクチャサービスを利用できることを目的としています。上記サービスには、第三者によって開発されたインフラストラクチャサービス、および、RIF OSマーケットプレースに統合される可能性があるその他のアプリケーションが含まれる場合があります。当社フレームワークは、RIF Token をサービスやアプリケーションへのアクセス手段/これらの消費手段として受け入れることに同意します。また、RIF OSマーケットプレイスでインフラストラクチャサービスを提供している場合は、消費者を保護してサービスレベル合意の違反を回避するため一定量のRIFトークンをデポジットする必要があります。
RSK Live Mainnetはスマートコントラクトを、smartBitcoins(RBTC)でBitcoinエコシステムとの完全なインセンティブ整合を維持しながら実行することを要求していますが、RIF OSプロトコルは、インフラストラクチャのレイヤーを作成し連鎖させることを目指しています。これは当初はRSKエコシステム上に構築されていますが、将来的にはEthereum&EOSのようなスマートコントラクト対応プラットフォームと統合されます。そうするために、それらのネットワークのいずれにも中立で、ネットワークのネイティブ暗号通貨(RBTC、ETH、EOSなど)の特定の価格にかかわらず、インフラストラクチャサービスの提供と需要に関連して価格が定義されているトークンを持つことが重要です。ユーザーの観点から見れば、それはさらなる摩擦をもたらすことはありません。なぜなら、近い将来、DEX(分散型交換)がRIF OSプロトコルが統合されているネットワークのネイティブ通貨間の即時変換を提供すると予想されるからです。RIFトークンのポータビリティは、エコノミックスケールを創造し、分散型エコシステムの脆弱性を強化し、価値のインターネット(Internet of Value)の実現に向けての一歩をもたらします。主な理由は、RIF OSを長期的に見れば、スマートコントラクト対応のすべての暗号エコノミー(つまりRSK、Ethereum、EOS)が消費し得るオフチェーンインフラストラクチャサービスの統一マーケットプレースとして考えていることです。この意味で、ポータブル/ニュートラルトークンを持つことは必須です。
Root Infrastructure Framework Open Standard(RIF OS)は一連のオープンかつ分散型のインフラストラクチャプロトコルであり、これは、統合環境における分散アプリケーション(dApps)のよりスピーディで容易かつスケーラブルな開発を実現します。RIF OS は、分散化されたサードパーティのオフチェーン決済のサポート、分散型アプリケーション間のシームレスで安全なコミュニケーションにあたってのAPI 群、使い勝手に優れた開発者向けインターフェースです。RIF OSサービスへのアクセスと支払いはRIFトークンに基づいています。これによって開発者はディレクトリ、支払い、データフィード、サードパーティが開発したインフラストラクチャサービスを含むストレージおよびコミュニケーションなどのRIFプロトコルの上に構築された一連のサービスにアクセスできます。また、サービスやアプリのアクセスや利用の手段としてRIFトークンを受け入れることに同意するRIFフレームワークにデプロイされる可能性のあるその他あらゆるアプリケーションへのアクセスも可能です。RBTCはRSK Live Mainnetのネイティブトークンで、対BTCは1:1で固定です。それはガソリン代として、ETHがイーサリアムのガソリン代として機能する場合と同じ方法で、 スマートコントラクトの実行に支払われます。技術ユーザーは、BitcoinプロトコルとRSKプロトコル間のブリッジで、BTC間に変換することにより、分散型の方法で入手できます。技術的な知識が少ない利用者は、HuobiやBitfinexなどのサポート取引所からRBTCを入手できます。RSK とRSK(発売されれば RIFOS も含まれる)上で稼働するあらゆるアプリケーションを使用するために。


RIF民間販売情報

2018年11月9日午後8時12分ごろ(UTC)に、RIFトークンのスマート・コントラクトがRSKネットワーク上で展開されました。合計10億のRIFトークンが作成され分配されました。詳細はRIF Labsホワイトペーパーのトークン販売セクションに記載されています(https://docs.rifos.org/rif-whitepaper-ja.pdf)。

ホワイトペーパーに記載されているように、民間販売で集められた資金は約 22000 BTCでした(4.5%がETHで受領され対BTCの価値が大きく下がったので、少し少ないです)。集まった金額の100%は技術開発と適用の促進に使われます。標準市場の給与を受けているRIF Labsチームメンバーには、全く提供されていません。

事前販売の最初から最後まで、全ての価格は等しくBTCあたり14000 RIFに設定されていました。

個別販売での購入が可能になったRIFトークンは、RIF Labsが個人出資者に直接、独占販売しました。個別販売に参加した出資者はRIF Labsから承認を得ており、総合KYCプロセスの実施が義務付けられていました。このプロセスには、RIF Labsが雇用したKYC/AMLプロセスの実施を専門とする第三者に対する情報の提供が含まれていました。 トークン取得時の出資者の目的と目標、およびトークンの有用性に関する参考資料が、WPとECAにいくつか含まれていました。

個別販売で購入されたすべてのRIFトークンについては、TGE日にRIF Labsが出資者に対して入手可能にしました。これらのRIFトークンは、RIF LabsがTGE日から1年間展開するスマート・コントラクトによって、販売出資者が買い戻すことができる状態になります(買い戻し期間)。個別販売の出資者は、各自のRIFトークンを受け取るために、RIF Labsが送付した買い戻し手順に従うことによって、関連するスマート・コントラクトに関わる必要があります。これは、個別販売の出資者が買い戻し機関にトークンを受け取る唯一の方法です。買い戻し期間が終了すると、出資者によって買い戻されなかったRIFトークンは、スマート・コントラクトによって自動的にRIF Labsに返却されます。

個別販売時に購入されたRIFトークンに対しては、売却禁止契約が一切適用されません。ただし、個別販売の出資者が各自のオリジナルのウォレットで初回のRIFトークン割り当てを保管し、3か月間、6か月間または9か月間保持し続ける場合、RIF Labsはそれらの出資者に対して保持期間に応じてボーナストークンインセンティブを提供します。



RIFトークン交換、サプライ、対応ウォレットおよび技術情報

2018年11月9日午後8時12分ごろ(UTC)に、RIFトークンのスマート・コントラクトがRSKネットワーク上で展開されました。コントラクトのアドレスや詳細についてはRSK Blockchain エクスプローラでご確認いただけます:0x2acc95758f8b5f583470ba265eb685a8f45fc9d5

 

コントラクトコードは「RIF Labs github repo」からご確認下さい: https://github.com/riflabs/RIF-Token

およびRSK Explorer内のデプロイ済みコントラクト: https://explorer.rsk.co/address/0x2acc95758f8b5f583470ba265eb685a8f45fc9d5

RIFトークンは、RRC20トークン(RSK Live Mainnet上にデプロイされたERC20標準)対応で、RSK Live Mainnetに接続されているすべてのウォレットによって統合できます。

現在、RIF TokenはMyCrypto、iBitcome、Metamaskに統合されています。RIFトークンはまた、次のハードウェアウォレットに保存できます。Trezor、Ledger、D’cent。ウォレットインテグレーションおよびドキュメント化の方法についての最新情報は、こちらをご覧ください: https://rifos.org/rif-token

RIFリスティングのエクスチェンジリストはこちらをご覧ください:https://rifos.org/rif-token

RSKネットワークのオープンな性質を考えると、どんなエクスチェンジやウォレットも、許可を要求せずにRSK Live Mainnet上に存在するRIFトークンまたはその他のトークンを自由に統合できます。そのため、RIFをサポートするExchangeの詳細なリストはありませんが、RSK Live NetworkおよびRIFとの統合に関して技術的な支援が必要なものをリストしています。

展開時、RIFトークンスマート・コントラクトは10億RIFトークンを発行しました。しかしもともと、3億2000万のみが、このプロジェクトの初期コントリビューターによる償還のために利用可能でした。リマインダトークンは、RIFトークンスマートコントラクトにロックされており、5年間にわたって一定の間隔でロック解除されます。ロックの解除スケジュールはこちらです:

RIFトークンは実際にはRRC677トークンです。ERC677規格との混同を避けるために、RRC677と呼んでいます。RSK Live MainnetにデプロイされているすべてのERCプログラミングインタフェース規格は、明確にするためにRRCに改名されています。RRC677は、広く使用されているERC20標準と完全に互換性のあるRRC20標準の改良版であるため、Ethereumネットワーク上のすべてのERC20トークンをシームレスにRSKネットワークにポートできます。

あなたのRIFトークンは安全です。しかし、RSK Live Mainnet上に存在するので、それが見られるのは、ウォレットネットワークとしてRSK Mainnetを選択した場合のみです。

いいえできません。RIF Token は RSK Liveメインネット上のみ存在します。チェックサムがアクティブになっていない場合、EthereumとRSKのアドレスは同じに見えます。チェックサムがアクティブになると、RSKとEthereumは異なる文字が大文字に変換します。どのネットワークにアドレスが所属するかを確認するにはこちらをご覧ください:https://address-validator.rsk.co

はい、RSK Liveメインネットのあらゆるトランザクションには、RBTCのネットワーク料金支払いが必要です。将来的にはRSKプロトコルがエンベローピングをサポートするようになり、ネットワーク料金もRIFトークンまたはその他のトークンで支払われるようになります。これは、RBTC下で変換され、エンドユーザーにとってよりシームレスなエクスペリエンスを実現します。

RIF Token は RSK Liveメインネット上のみにデプロイされます。RSK エクスプローラでご覧ください。

異なるブロックチェーンでRIFトークンを見つけたら、お問い合わせセクションからご連絡ください。