なぜスマート・コントラクトなのか

ビジネスの将来に関しては、スマート・コントラクトの概念を超えて想像力を刺激してきたイノベーションがいくつか存在します。「スマート」である度合いや「コントラクト」は今も激しい論争の的になっており、この呼び名は適しているとは言えませんが、企業は、停止可能で常にオンになっている自律的処理の必要性を理解しています。

少なくともユーザーエクスペリエンスが破壊されない限り、「どの程度のセキュリティが必要か?」という問いの答えはほぼ常に「さらに必要」になります。 これこそが、安全なスマート・コントラクトを提供するための最善の方法を検討することが理にかなっている理由です。その答えはビットコインにあります。

 

なぜビットコインでスマート・コントラクトなのか

なぜビットコインはこんなに安全なのでしょうか?その理由は蓄積された「プルーフ・オブ・ワーク」で、約10年の価値があります。一定期間に行われた一連の取引を一つにまとめ、解決は難しいが検証は簡単にできるコンピューター関連問題に対して強力な解決策を模索することで、不正開封を防ぐ取引台帳が出現します。

ビットコインは、それ自体がすばらしいものですが、実際には1つのこと、つまり、価値をある人から別の人に移すことしかできません。RSKはこれらの機能の拡張に努め、ビットコインブロックチェーンの上を行くためにEVMを開発し、それにスマート・コントラクトの機能を付けました。

Hugo Nguyenは自身の投稿「Work Is Timeless, Stake Is Not」(仕事は永久、利害関係は一瞬)の中で、ブロックチェーンネットワークによるコンセンサスの達成について主な概念を2つ取り上げています。プルーフ・オブ・ワーク(ビットコインとその相対物によって利用される)とプルーフ・オブ・ステーク(イーサリアムネットワークの予定移行先)です。彼の意見によると、プルーフ・オブ・ワークは経過時間の安全保証を提供するものです。連続ブロックの下にブロックが暗号化されて埋め込まれており、徐々に不正開封防止が施されていきます。プルーフ・オブ・ステーク(彼は「プルーフ・オブ・テンポラリー・ステーク」と表現している)は、善行を保証するためのある種の保証証券を危険にさらす「マイナー」に依存しています。

イーサリアムの将来的なコンセンサス計画は言うまでもありませんが、それぞれに対する現行プルーフ・オブ・ワークの直接比較においても、ビットコインは今でもはっきりと選ばれるのです。例えばビットコインを攻撃するためのコストは高騰しています。(Zebpayから委託を受けて実施されているこの最近の研究では不可能とみなされています。) これはイーサリアムとイーサリアム・クラシックの数倍です。

私たちにとって、これは議論されることがなく、選択の余地もありませんでした。可能な限り最も安全なスマート・コントラクトを提供するために、サトシ・ナカモト氏から受け取ったすばらしい贈り物を利用しない手はありません。ゆえにRSKはRIF OSの基礎を形成するのです。そのようなわけで、RIF Labsは、ビットコイン・ネットワークによって保護されている初のオープンソースのスマート・コントラクトという独自性により、RSKスマート・コントラクト・ネットワーク上にRIF OSプロトコルを実装・構築することを選択しました。