このコーナーでは、RIFストレージ・チーム・プロダクト・オーナーのVojtech Simetka氏にRIFストレージの目的について分析して頂きます。

Vojtech Simetka氏

世界は全体的にフィジカルからデジタルへとシフトしています。私達の生活の多くの面がスクリーンへと移っており、新しい技術は、デジタル化により発生するチャレンジを克服するため登場しています。間違いなく、もっとも見込みのあるもののひとつはブロックチェーン技術です。それは、誰でも(他の物と)価値の交換に直接参加できる仮想通貨を可能にする技術です。仮想通貨を用いたアプリケーションにより、代替案が誰でも利用できるポピュラーなサービスになりますが、それらは分散化、プライバシー、検閲への対抗を考慮に入れて設計されています。私共はこれを分散型アプリケーション(dApps)と呼んでいます。いまだ、多くのdAppsが集中型システムに依存しています。これは偶然ではありません。私どもはまだ本当の分散型でかつノンストップのIoVを作るのに必要なすべてのパーツを持っているわけではありません。その欠けているパーツのひとつがストレージです。

 

動機

 

どの有効なアプリケーションでも、ある時点でデータを保管して読み出す必要があります。今までは、そのほとんどをコンピューターと携帯にローカルに保存していました。その後、クラウドストレージに移行し始めました。これはアプリケーションのクライアントサーバーのアーキテクチャによく合いますが、新しいリスクとチャレンジもあります。

 

  • 分散: インターネットは各ノードが拡張可能な分配システムと言われてきました。しかし今日、データの多くはFacebookやGoogle、Microsoftといった、データの悪用、漏洩、サービス拒否の危険性のある集中型ハブに集約されています。分散型ストレージシステムを使えば、集中サーバーに頼る必要はありません。すべては、世界中の、文字通り無数のノードに分配されます。

 

  • 検閲: ウェブページといったウェブリソースは、コンテンツが保存されているサーバーをブロックまたは攻撃することで簡単に検閲できます。しかし、コンテンツが分散型ストレージにあれば、分散型ネットワーク上のどこかに保管されているので、検閲は非常に難しくなります。コンテンツのコピーが保管されているノードがある限り、アクセス可能です。

 

  • データの紛失: 同様に、もしプロバイダーが既存のコンテンツすべての提供をやめてしまったら、データは失われてしまいます。Internet Archiveのような、ウェブサイトの古いコピーを持っている組織があると、拡張不可能な集中型のソリューションはある時点で、同じようには利用不可能になってしまいます。さらに、このコンテンツへのすべてのリンクは、アーカイブがことなるアドレス上に保存されているため、壊れてしまいます。分散型ストレージでは、データは保管場所より、コンテンツによって記述されます。ですから、ストレージネットワーク上にコピーがある限り、同じリンク上で取得可能です。どのノードが保存しているかは関係ありません。

 

  • スケーリングとレイテンシ: 人気のあるコンテンツは世界中から1時間に無数のユーザーからアクセスされます。もしひとつのサーバーに保存されると、これらのユーザーすべてが、たったひとつのサーバーのリソースを利用するため、サービスの質は急速に落ちてしまいます。同時に、サーバーから地理的に離れているユーザーは、近くのユーザーよりレイテンシが大幅に高くなってしまいます。これらの問題は、たいていコンテンツを複製し、世界中の複数のサーバーに分散させることで解決されます。私共はこれらのサービスをコンテンツデリバリーネットワーク(CDN)と呼んでいます。しかし、CDNの利用はかなり高価で、かつ複雑です。実装にもよりますが、分散型ストレージは基本的に追加コストやセットアップの必要のないCDNです。

 

ビジョン

 

RIFでは、一連のオープンかつ分散型のインフラストラクチャープロトコルを構築しています。私共の目標は、より速く、簡単で拡張可能ななdAppsの開発です。RIFストレージは分散型ストレージのソリューションを提供するプロトコルのひとつです。

開発者として、サーバーを持たずに確実にdAppを用いてRIFストレージを利用できます。RIFディレクトリプロトコルとの統合によって、ユーザーは覚えやすいウェブのようなアドレスからdAppにアクセスできます。新しいバージョンを開発する際、ネットワークにアップロードして、自分のdAppのアドレスに誘導することができます。

あなたはユーザーとして、dAppで作ったコンテンツが暗号化され、RIFストレージネットワークに保存され、乱用されたり、利用不可能になる可能性が最小限となる安心を得られます。RIFストレージをクラウドとして利用し、他のコンピューター間のデータを同期化し、友達や家族と最小限の努力と、おそらくわずかなコストで供給もできます。 個人または会社として、ネットワークに未使用のストレージを提供し、お金をかせぐことができます。RIF Paymentsのインテグレーションにより、誰でも参加し、最低料金で提供されるデータに対し報酬が得られます。

私どもは、皆さんをRIFストレージにお招きし、新しいエキサイティングな使用例を多くの人達に提供するのをサポートしたいと思っています。