本投稿では、RIF ストラテジストのGabriel Kurman にインタビューをします。RIF チームのことを知ってください!

 

ご自身の現在での会社での役割およびプロジェクトに加わった理由をお聞かせください。 

私は現在、RIF ストラテジストとして、全てのRIF サービスの技術開発と商業的導入を管轄しています。 当初からRSK チームの一員で、かつてはRSK Labs の共同設立者でした。  RSK とRIF の一委員として誇りを感じる主な理由ですが、こうした技術が価値のインターネット(Internet of Value)の土台となる潜在性を確信しているからで、すなわち、世界中の何百万人もの個人が自信と金銭的自由を謳歌する新しいツールを手にすることができるのです。

 

RIF が開発者と仮想通貨の投資家の双方にとって興味深い選択肢となっている技術的特性は、他と比較して、何だと思われますか?

RIF サービスはRSK ブロックチェーン技術の大規模導入を推進するうえでの鍵です。

RIF Name Service はエンドユーザーの相関を促進し、ブロックチェーン技術にてUX をシンプルかつ直感的にします。 RIF Payments は新しい分散型で従来よりも許可の少ない金融システムの基盤を創造する可能性を秘めています。私は、複数の開発者、銀行、政府がRIF Payments を利用して次世代の低コスト金融サービスを構築するのを期待しています。

これらやその他の全てのRIF Services は互いの間に複数の相乗効果を持ち、RSK がBitcoin インフラストラクチャから恩恵を享受するのと同じ方法でRSK インフラの利益に浴しています。

 

2019年中のRIF の製品界は多雨の点で何を期待しますか?どういった特定の特長が産業により大きなインパクトを持つことになるとお感じですか?RIF が解決に向けて取り組んでいる、業界の障壁はありますか?

私たちは、RIF Name Service(RNS)にまつわる開発過程のパートナーシップや統合、ならびに長きにわたって待ち望まれてきたRIF Lumino Network の近いうちの実装、そしてこれに続くRIF Payments およびRIF Storage のMVP について興奮を隠せずにおります。 詳しいことについては、近日中にRIF の公開ロードマップをrifos.orgに発表します。

 

現状のRIF にとっての最大の課題は何ですか、そして、どのように解決を図ってきましたか? 

RSK に加え、Bitcoin ネットワークで保証される第3層のオフチェーン決済の技術を構築するのは極めて骨の折れる作業です。 とりわけ、素晴らしいLightning Network で可能な限りの互換性を実現しようとすれば、なおさらです。 当社はすでにRSK とLightning Network を繋ぐ、LNChian Mai チームによって開発された架け橋を擁しています。 ですから、RIF Payment を武器に、LN をRIF Lumino Network に結合させようと考えています。

 

ご自身の仕事で最も充実感を覚えることは? 

IOVLabs(RSK Labs + RIF Labs)の一番の魅力は従事する人々です。 チームですが、より良い世界を構築するのに先端の技術を革新および開発する、世界中の卓越した才能の持ち主たちから成ります。 そうした目的意識こそ、私たちをグローバル規模のBitcoin コミュニティ、ならびにBitcoin ネットワークによって確約されるスマート・コントラクトがレガシーの金融システムを万人に平等の機会が付与されるような何かに再形成するのに寄与しうるという潜在性も認識している世界中のSolidity 開発者たちと結合させるのだと思います。

 

疑問が生じた際の連絡先

Twitter:@GabrielKurman