RIF OSのビジョンとロードマップ

Bitcoinとブロックチェーン技術が価値あるインターネット革命に火をつけました。ピアツーピアネットワーク、暗号化、ソブリンID、そしてオープンソースソフトウェアは、世界を統治するために使われるパラダイムを変えています。ただ、集中型ソリューションに比べて、開発者やデジタルユーザーにシームレスなユーザーエクスペリエンスを提供できていると言うには程遠いです。ブロックチェーン技術によって、分散型で許可のないインターネットの利点を世界に伝えたいなら、使いやすく高速でスケーラブルに変える必要があります。

+ Read More

あらゆるブロックチェーンからドメインを管理するはじめてのDNS ―RIF 名称サービス(Name Service)

RIFのサービスの最大の目的は、すべての人が可能な限り簡単に利用できるように、ブロックチェーン技術の使用法を簡単にすることです。暗号資産を取引する上での主な課題の1つは、ユーザーが管理したり覚えるのが難しい複数のアドレスとのやり取りです。   RIF名称サービス(RNS)は、人間が読める名前またはエイリアスによるブロックチェーンアドレスの識別を可能にするアーキテクチャを提供することによって、ユーザーエクスペリエンスをよりわかりやすくするために設計されました。それは支払い、または通信用アドレスのよ

+ Read More

Gabriel Kurman とのAMA セッション

この記事では、RIFストラテジストのGabriel Kurmanによる2019年5月のAMAの回答を見つけることができます。 (さらに…)

+ Read More

スケーラビリティ:RIF Lumino Payment が成就しようとしていることとは(What Is RIF Lumino Payments Trying To Achieve)?

この投稿では、RIF Lumino Payment のスケーラビリティへのアプローチを簡単に分析します。Bitcoin のスケーラビリティ・ソリューションと言えば、SegWit およびLightning Network が真っ先に思い浮かびます。しかし、スケーラビリティは全てのブロックチェーンの課題です。例えば、Ethereum はこれまで2年間、スケーラビリティについて苦闘してきました。最近、Ethereum の高度な集積はCryptokitties現象によって引き起こされていました。 同じような集積問題が他のブロックチェーンに生じるのを背景に、専門家は、スケーラビリティがブロックチェーン技術にとって最重要課題の1つであることに同調しています。数多くのトランザクションを瞬時に、かつ低コストで処理できるブロックチェーンが設計されている一方、分散化を毀損しないようにするのは難題です。しかし、ブロックチェーン技術を従来の決済処理と競合させようという場合、極めて重大です。Bitcoin の価値の蓄蔵(store-of-value)ナラティブはパワフルですが、社会にとっての真の恩恵は、Bitcoin が何億人という人々に認知され、利用されて初めてもたらされるのです。 詰まるところ、使用事例の普及という1つのシンプルな要素に尽きます。

+ Read More

IOVラボ発売

IOV Labs ブランドがスタートすることをお伝えできるのは喜びです。 IOV はRSK およびRIF プラットフォーム傘下のブランドです。 (さらに…)

+ Read More

RIF ストレージ:分散型ストレージソリューション

このコーナーでは、RIFストレージ・チーム・プロダクト・オーナーのVojtech Simetka氏にRIFストレージの目的について分析して頂きます。

+ Read More

チーム紹介:Vojtech Simetka氏 RIFストレージチームの製品オーナー

今回のインタビューは、RIFストレージチームの製品オーナーであるVojtech Simetka氏の特集です。

+ Read More

RIF 名称サービス (RNS) および MyCrypto: RNS Manager 1.0.2がMyCryptoのサポートをはじめました

IOVLabsでは、新しいバージョンのRNS Managerにより、ユーザーが名前の登録や管理といった操作を行うためにMyCryptoに接続できるようになりました。 

+ Read More

チーム紹介:アレハンドロ・バンザス-RNSプロダクトオーナー

このインタビューで、RNSプロダクトオーナー、アレハンドロ・バンザス氏について詳しく知りたいと思います。

+ Read More

チーム紹介:Gabriel Kurman – RIF ストラテジスト

本投稿では、RIF ストラテジストのGabriel Kurman にインタビューをします。RIF チームのことを知ってください!

+ Read More

RIFトークン販売

今回の投稿の目的は、コミュニティで混乱を引き起こしていると思われるRIFトークン発行プロセスの一部(ホワイトペーパーに明記されている)を明示することです。

+ Read More

さらに安全なスマート・コントラクトの論理的根拠

ビジネスの将来に関しては、スマート・コントラクトの概念を超えて想像力を刺激してきたイノベーションがいくつか存在します。「スマート」である度合いや「コントラクト」は今も激しい論争の的になっており、この呼び名は適しているとは言えませんが、企業は、停止可能で常にオンになっている自律的処理の必要性を理解しています。

+ Read More

RIFアーキテクチャ-サービスプロトコル

開発者は、分散型ブロックチェーン・アプリケーションをデザイン、実装する際に多くの課題に直値しています。たとえば、多くのdApps 契約では、プライスフィードなど外部データへの信頼性のあるアクセスが必要とされます。このほか、これらの契約ではオンチェーンストレージ・コストを抑えるためにオフチェーンファイル保存用の分散化ストレージを必要としています。自律性のdAppは、オフチェーンのWebページやjavascript コードを保存することはできますが、それらのファイルがオンチェーンで正常に処理されるのか確認する

+ Read More

名前に何の意味がある?

ブロックチェーンのエコシステムは採用曲線の危機に悩まされています。ある特定の時点―インターネット自体の歴史によくみられる―において、このテクノロジーは、より大きな規模で可能な限り多くの人々に関連づけられているものでなければなりません。 セキュリティ要素はすべてブロックチェーンの革新を通じて獲得できましたが、ユーザー体験の観点ではそれら要素をまだ実現できていません。ナカモトホワイトペーパー(https://bitcoin.org/bitcoin.pdf)が公開されてからほぼ10年が経過しましたが、後者の実現

+ Read More

RIF ミッション – デジタル包含の推進

World Bank のGlobal Findex reportによると、「170億人の成人が依然として銀行非利用者であるものの、そのうちの2/3 が金融サービスにアクセスするうえで有用な携帯電話を所有しています」。 「金融サービス」のメタファーとしての「銀行」という用語は持続的なものです。しかし、数多くの新興国が地上電話回線を迂回して音声コミュニケーション向けのモバイルを活用しているように、あまりの多くの「非銀行利用」者が現代的でよりパーソナルな分散型金融サービス提供モデルへ向け、従来的な機関を極めて容

+ Read More

RIFラボがRIF OSを発表

RIF Labs はビットコインベースのRSK ネットワークに加え、RIF OS を導入して価値のインターネット(Internet of Value)の実現に向けての一歩を踏み出します ビットコインは経済的な自由を個人に供与し、そして、私たちのビジョンでは、価値の移転にあたって新たなインターネットを構築する土台を作るべく誕生しました。RIF OS およびRSK、Smart Contract Network は構築されることのみならず、世界中に繁栄と平等をもたらすような一つのビジョンの実現を目指しています 。

+ Read More