RIFのサービスの最大の目的は、すべての人が可能な限り簡単に利用できるように、ブロックチェーン技術の使用法を簡単にすることです。暗号資産を取引する上での主な課題の1つは、ユーザーが管理したり覚えるのが難しい複数のアドレスとのやり取りです。

 

RIF名称サービス(RNS)は、人間が読める名前またはエイリアスによるブロックチェーンアドレスの識別を可能にするアーキテクチャを提供することによって、ユーザーエクスペリエンスをよりわかりやすくするために設計されました。それは支払い、または通信用アドレスのような他の個人的なリソースを識別するために使用できます。人間が読み取れる名前に関連付けられた複数のリソースへのアクセスを中央集中化することで、ブロックチェーンプラットフォームのユーザーエクスペリエンスを強化します。さらに、ネームソリューションサービス、または「エイリアス」を追加することによって、エラーの確率は著しく低下します。リソース名称は時間の経過とともに変わる可能性があるため、システムは頻繁な変更に対応できるような柔軟性を備えている必要があります。

 

これまで、RIF名称サービスはRSKネットワーク上に構築されたアドレスのみをサポートしていましたが、現在、ブロックチェーンユーザーは複数の種類のコインやアセットを管理しています。これはウォレットが、様々な種類の通貨をサポートし、取引所がさまざまな資産を購買および撤回する、またサービスがさまざまな支払方法での受け取りをするのを、いつでもどこでも見ることを可能にします。それが、RIF 名称サービスマルチ暗号(Name Service Multi-Crypto)を立ち上げている正にその理由なのです。

 

この新しいRNS機能により、アドレス解決データをアクティブでアクセス可能な状態に保ちながら、一貫したマルチチェーン解決を容易にするために、さまざまなリゾルバの実装を可能にします。つまり、相互運用性を強化するプラットフォーム上に構築されたトークンをユーザーが管理できるようにする点で、RIF 名称サービス(Name Service)のエイリアスまたはドメインが世界で唯一のサービスになるということです。この強力な機能により、消費者はさまざまなネットワーク/トークン間でシームレスに資産を移動することがはるかに容易になり、暗号資産の大量採用が容易になります。

 

私たちは自信を持って、仮想通貨、ブロックチェーン、すべての人がアクセスしやすいdApp スペースの利点を犠牲にすることなく、これらのテクノロジーの利用可能性を向上させるのに役立つ基盤の構築いたします。このトピックに関する詳細は、次のリンクをご覧ください:

https://github.com/rnsdomains/RNSIPs/blob/master/IPs/RNSIP03.md