ワンストップ型のブロックチェーン・インフラストラクチャ・サービスのソース

Root Infrastructure Framework Open Standard(RIF OS)は一連のオープンかつ分散型のインフラストラクチャ・プロトコルであり、これは、統合環境における分散アプリケーション(dApps)のよりスピーディで容易かつスケーラブルな開発を実現します。

RIF OSの総合的なビジョンについては、こちらの白書をお読みください。

プロトコルとその相互作用の総合的な概要については、 RIF OS Architecture資料をお読みください。

プロトコル

RIF Payment

RIF Lumino Network

- サードパーティ・オフチェーン決済処理ネットワーク.

RIF Storage

Access Third Party Secure、分散型およびトラストレス・ストレージ・ネットワーク.

RIF Communications

データ・コミュニケーション.

RIF Data Feeds

第三者オラクルサービスへのアクセス

RIF API / ツール、コンポーネント、プロトコル群: RIF OSサービス群にアクセスすることで、プログラマーがブロックチェーンベースのアプリケーションを構築することを可能にします。

RIF Token / Token that allows any token holder to consume the services that are compatible with the RIF OS architecture.

LEARN MORE ABOUT RIF TOKEN

Smart Contract Network / RSK BlockchainはBitcoin Networkによって保障されている初のオープンソースのスマート・コントラクト・ネットワークです。

RSK Smart Contract NetworkおよびRIF OS Protocolsの目標はスマート・コントラクト、ほぼ瞬時の決済、安定性のさらなる向上を統合することで、価値を付加してビットコインのエコシステムの機能性を拡大することです。

 

ビットコインとの親和性が高い。ビットコインは初の、そして、現在は、最も安全性の高いブロックチェーンです。

スケーラブル。 RSKは分散化に支障をきたすことなく、毎秒最大100のトランザクションにまで拡張します。さらに、確率的検証、シャーディング技術を駆使してストレージと帯域の利用を縮減します

安全。RSKブロックチェーンはマージマイニング(merge-mining)によって安全が保たれています。すなわち、RSKは二重支出防止と決済ファイナリティの点で、ビットコインと同等とセキュリティを実現しうるのです。

柔軟性。 瞬時の決済により、小売業者が備えるストア決済やマイクロクレジット等の新規の利用ケースを実現します。

 

詳細を確認する