産業界全体における新たなグローバル流通力

2009年以来、テクノロジー分野、ならびにブロックチェーン技術は、金融サービス、ロジスティックス、政府をはじめとする主要産業におけるグローバルの既存の常識を覆す勢力となるまでに成長を遂げてきました。

産業別のブロックチェーンの恩恵

政府 - ブロックチェーン技術は参加当事者によるデータの閲覧と検証を可能にすることで、一般市民との信頼を構築する潜在能力を備えています。

金融サービス - ブロックチェーンを背景に、決済は利用者に最適化されるようになり、結果、取引が瞬時に決済されることで、時間とお金を大幅に節減することになります。

保険 - ブロックチェーン技術は詐欺の縮減に寄与します。なぜなら、この技術屈指の特長の1つとして、物品の真正性、所有権、提供および文書の信憑性を認証する独自の性能を備えているからです。

不動産 - 不動産はトークン化によって流動市場を創造することができます。また、2つの当事者が仲介を伴うことなく、直接かつ容易にやりとりすることが可能になります。

芸術 - ブロックチェーンの不変性の恩恵とは、いったんブロックチェーン上にリストされると、細分化された個々の由来の偽造、改ざん、変更が困難になる点です。さらに、デジタルのギャラリーを創造し、芸術品取引にあたっての流動市場を構築します。

サプライチェーン - この技術はサプライチェーンにおける信頼と透明性を推進します。そして、受領の確認と支払の自動実行により、公式の登録簿を生成して製品をタグ付けし、様々なサプライチェーンのポイントにてその過程を監視することができます。

詳細を確認する